2022年4月23日 ディボーション

ルカの福音書 17章


『イエスさまの悲しみ』


「するとイエスは言われた。「十人きよめられたのではなかったか。九人はどこにいるのか。この他国人のほかに、神をあがめるために戻って来た者はいなかったのか。」」(17、18節)

 聖書に書かれていない経緯を黙想してみる。

 イエスさまはエルサレムに向かう途中、近道をやめ、わざわざ国境の街に寄った。すると遠くからツァラアトを病んでいる十人が声を張り上げた。ツァラアトに罹ると、厳しい行動制限が課せられる。だからイエスさまの方から、彼らの声が届くところにあえて行ったのだ、と。

 すべては神さまから始まっている。準備は整っている。神さまが用意してくれているから、私は主を求めることができる。

 この恵みのリズムの順番の大切さを改めて想う。

「声を張り上げて、「イエスさま、先生、私たちをあわれんでください。」」(13節)と、叫び祈ることができる。

 14節も深い。イエスさまは十人を見て言われた。「「行って、自分のからだを祭司に見せなさい。」すると彼らは行く途中で清められた。」

 癒しの御業をはたらかせてすぐに治したのではない。祭司のところに行くという、イエスさまの教えに従ったから癒されたのだ。従いのはじめはツァラアトはまだ治っていない。でも疑わず、イエスさまを信じて待つことができた。だから清められた。

 私も信じる。でも従順に従い、待つことができているだろうか。

 十人のうちの一人は、自分が癒やされたことが分かると、大声で神をほめたたえながら引き返してきて、イエスさまの足もとにひれ伏して感謝した。続くのが冒頭のみことばだ。

「十人きよめられたのではなかったか。九人はどこにいるのか。この他国人のほかに、神をあがめるために戻って来た者はいなかったのか。」

 こんなに寂しい、悲しいことばをイエスさまに言わせてしまったのはどこのどいつだ?

 私なのである。

 恵みを受けて、アーメン感謝しますと1/10くらいは主に栄光をかえしても、9/10は自分の恵みというか、自分の栄光にしてしまっている。ラッキー、さすが私、なんてつけ上がってる。神さまは私にラッキーやハッピーを与えてくださるけれど、それは私がイエスさまの愛を伝える行いをするため。なのにパウロの忠告「神の恵みを無駄に受けないようにしてください。」(Ⅱコリント6:1)、無駄をやらかしてしまっている。

 受難節の一ヶ月間賛美してきた「傷跡」を口づさむ。イエスさまは生涯、裏切られ、ののしられ、ひとりぼっちで悲しい思いをされた。それでも私たちを泥沼から救うために十字架にかかってくださった。

 神さま、復活祭を祝い礼拝しましたが、またレントの中に留まらせてください。イエスさまの悲しみを想います。愛ゆえの、愛だけゆえの悲しみを想います。鎮まって悔い改めができますよう、イエスさまの御名で祈ります。アーメン

閲覧数:50回

最新記事

すべて表示

ルカの福音書 24章 『インマヌエル@エマオの道』 ”エマオの道”の、珠玉のエピソードはルカにしかない。私たちキリスト者にとって、エマオの道は、うっとり垂涎の、憧れの旅路である。だってイエスさまが同伴してくださるんだから! 前章でイエスさまは二人の犯罪者とともに十字架にかかられた。犯罪者の一人はイエスさまをののしったけれど、一人はイエスさまを神とあがめ無罪を主張した。その時、イエスさまの言ったみこ

ルカの福音書 23章 群衆がしつこく大声をあげ続けた結果、彼らの主張が通り、イエス様が十字架につけられた。何が何でも力づくで要求を押し通そうとする人間の内に渦巻く闇の力は、とてつもなく強い。何ひとつ罪を犯さなかった者を殺すことさえできるのだから。 群衆の扇動によって十字架につけられたイエス様は、こう言われた。 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(

ルカの福音書 22章 「みこころがなりますように」 コロナ禍以前、ある兄弟が教えてくれた。「何でも天のお父さんにお願いして祈ったらいいよ、それがみこころならば、必ず叶えて下さるから。」そうか祈ってお願いしたらいいのか、と思い勝手なお願いばかりの祈りが続いた。そのうち私の人生の中で機転となる一つの願いが叶い、そうかこれが御心だから叶えてくださったのかと気づく。全ては神のご意志ならば成る、ということで