top of page
  • hccnichigo

2022年4月2日 ディボーション

雅歌 4章


『愛は多くの罪をおおう』


 旧約の時代のユダヤ人の美意識はかなりサイケデリックだ。鳩のような目、やぎの群れのような髪、頬っぺはざくろの片割れのよう。って褒め言葉、あばたもえくぼ超えの比喩だ。愛は多くの罪をおおうというからね。

 いやいや、みことばで茶化しちゃいけない。ご破算で願いましては、最初からディボーションをし直します。

「わが愛する者よ。あなたのすべては美しく、あなたには何の汚れもない。」7節

 この花婿から花嫁への愛の賛歌は、神さまが私たちを思ってくださる愛、アガペーだ。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」(イザヤ43:4)

 御子イエスさまを十字架にかけてくださるほどの神さまの愛。

 今日のレントの黙想箇所は、ピリピ2:11

「すべての舌が「イエス・キリストは主です」と告白して、父なる神に栄光を帰すためです。」

 すべての人が、十字架の福音を信じ、本来の神に創られた自分を取り戻すこと‥‥。神さまの愛に応答するには、まず私の罪の汚れを神さまに差し出すこと。誠実に罪のあがないを祈ろうとしても、まことの誠実にはほど遠く、ちっとも足りていないけれど、イエスさまのあがないと憐れみだけが、本来の自分を取り戻す回復と救いの道であることだけは知っている。信じている。ダビデのようにありたいと願っている。

「幸いなことよ その背きを赦され 罪をおおわれた人は。」詩32:1

「私は自分の罪をあなたに知らせ 自分の咎を隠しませんでした。私は言いました。「私の背きを主に告白しよう」と。すると あなたは私の罪のとがめを赦してくださいました。」詩32:5

 ペテロも励ましてくれる。

「何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。」ペテロ一4:8

 自我である防衛の壁が邪魔をして、熱心に愛し合うことができない時もある。戦争反対と平和を叫びながら、友との小さなわだかまりの壁を取り去れない自分がいる。それでもイエスさまの十字架の愛は、私の中の壁を温かく溶かし続けてくれる。そう信じたいと強く願う。

 神さま、私はあなたにより頼むことしかできません。イエスさまこそが主であると信じられることを感謝します。どうかもっと互いに愛し合うことができますよう、私の欠けを補ってください。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン


閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page