2022年4月10日 ディボーション

ルカの福音書 4章


 聖霊に満ちてヨルダンから帰られたイエスは40日間悪魔の試みを受けられた。その試みが

3つの誘惑だった。


1.「あなたが神の子なら、この石に、パンになるように命じなさい。」3節抜粋 

2.「だから、もしあなたが私の前にひれ伏すなら、すべてがあなたのものとなる。」7節 

3.「あなたが神の子なら、ここから下に身を投げなさい。」9節抜粋


 この3つの誘惑は、イエスはすべておできになられるのを悪魔も知っていたのだ。でもなぜ悪魔はあえてそのような3つのことを試みたのだろうか。それは、悪魔は、イエスが肉に支配されるように仕向けていた。なぜなら、肉に支配されたら悪になるからだ。私達が肉の思いから解放される方法は、十字架につけられたキリストを見ることだと言うことなのだ。でも、イエスは、悪魔の誘惑に打ち勝ったのだ。神の御霊と、神のみことばにより頼んだから。そして、悪魔はしばらくの間イエスから離れた。だが、悪魔のイエスに対する攻撃は、十字架に至るまで続くのである。悪魔が完全に敗北するのは、イエスが十字架上で死なれて3日目によみがえった時だった。


 私達も洗礼を受けた後は、必ずサタンの誘惑がくる。だれでも経験することではないだろうか。洗礼を受ける以前はこんな事はなかったのに、洗礼を受けたばかりに酷いことが起こり続けている。悪魔は、私達の心をかき乱して不安にしてしまうのだ。だが、悪魔は完全に敗北したのだから恐れることはない。イエスの名を聞くことによって恐れて逃げてしまうということである。


 いよいよイエスの宣教がガリラヤの町カぺナウムで始まる。同時に癒しの技も行われる。

イエスの人々に対するご配慮が書かれている。イエスが群衆から離れて行こうとしたら彼等は自分達から離れて行かないように引き止めておこうとした。しかしイエスは、彼らにこう言われた。


「ほかの町々にも、神の国の福音を述べ伝えなければなりません。わたしは、そのために遣わされたのですから。」43節抜粋


「全世界で福音が告げ知らされること。」これこそイエスの願いであり、又、私達クリスチャンの希望でもあるのだ。



祈り:

天の父なる神様。イエスさまの心を感謝します。私達クリスチャンもそれぞれにいただいた

賜物をこの地上でそれぞれに示されたかたちで福音を告げ知らせることができますように用いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

ルカの福音書 24章 『インマヌエル@エマオの道』 ”エマオの道”の、珠玉のエピソードはルカにしかない。私たちキリスト者にとって、エマオの道は、うっとり垂涎の、憧れの旅路である。だってイエスさまが同伴してくださるんだから! 前章でイエスさまは二人の犯罪者とともに十字架にかかられた。犯罪者の一人はイエスさまをののしったけれど、一人はイエスさまを神とあがめ無罪を主張した。その時、イエスさまの言ったみこ

ルカの福音書 23章 群衆がしつこく大声をあげ続けた結果、彼らの主張が通り、イエス様が十字架につけられた。何が何でも力づくで要求を押し通そうとする人間の内に渦巻く闇の力は、とてつもなく強い。何ひとつ罪を犯さなかった者を殺すことさえできるのだから。 群衆の扇動によって十字架につけられたイエス様は、こう言われた。 「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」(

ルカの福音書 22章 「みこころがなりますように」 コロナ禍以前、ある兄弟が教えてくれた。「何でも天のお父さんにお願いして祈ったらいいよ、それがみこころならば、必ず叶えて下さるから。」そうか祈ってお願いしたらいいのか、と思い勝手なお願いばかりの祈りが続いた。そのうち私の人生の中で機転となる一つの願いが叶い、そうかこれが御心だから叶えてくださったのかと気づく。全ては神のご意志ならば成る、ということで