top of page
  • hccnichigo

2022年4月10日 ディボーション

ルカの福音書 4章


 聖霊に満ちてヨルダンから帰られたイエスは40日間悪魔の試みを受けられた。その試みが

3つの誘惑だった。


1.「あなたが神の子なら、この石に、パンになるように命じなさい。」3節抜粋 

2.「だから、もしあなたが私の前にひれ伏すなら、すべてがあなたのものとなる。」7節 

3.「あなたが神の子なら、ここから下に身を投げなさい。」9節抜粋


 この3つの誘惑は、イエスはすべておできになられるのを悪魔も知っていたのだ。でもなぜ悪魔はあえてそのような3つのことを試みたのだろうか。それは、悪魔は、イエスが肉に支配されるように仕向けていた。なぜなら、肉に支配されたら悪になるからだ。私達が肉の思いから解放される方法は、十字架につけられたキリストを見ることだと言うことなのだ。でも、イエスは、悪魔の誘惑に打ち勝ったのだ。神の御霊と、神のみことばにより頼んだから。そして、悪魔はしばらくの間イエスから離れた。だが、悪魔のイエスに対する攻撃は、十字架に至るまで続くのである。悪魔が完全に敗北するのは、イエスが十字架上で死なれて3日目によみがえった時だった。


 私達も洗礼を受けた後は、必ずサタンの誘惑がくる。だれでも経験することではないだろうか。洗礼を受ける以前はこんな事はなかったのに、洗礼を受けたばかりに酷いことが起こり続けている。悪魔は、私達の心をかき乱して不安にしてしまうのだ。だが、悪魔は完全に敗北したのだから恐れることはない。イエスの名を聞くことによって恐れて逃げてしまうということである。


 いよいよイエスの宣教がガリラヤの町カぺナウムで始まる。同時に癒しの技も行われる。

イエスの人々に対するご配慮が書かれている。イエスが群衆から離れて行こうとしたら彼等は自分達から離れて行かないように引き止めておこうとした。しかしイエスは、彼らにこう言われた。


「ほかの町々にも、神の国の福音を述べ伝えなければなりません。わたしは、そのために遣わされたのですから。」43節抜粋


「全世界で福音が告げ知らされること。」これこそイエスの願いであり、又、私達クリスチャンの希望でもあるのだ。



祈り:

天の父なる神様。イエスさまの心を感謝します。私達クリスチャンもそれぞれにいただいた

賜物をこの地上でそれぞれに示されたかたちで福音を告げ知らせることができますように用いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。 アーメン

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年5月15日 ルカの福音書24章

特に13節から35節の「エマオへの途上」が心にとまります。 エマオという、おそらく二人の弟子の実家である村に向かっているのです。エルサレムに背を向けて、夕方の日没に向かって、暗い顔をして歩く二人の心は、イエスを失った失望、混乱、虚しさで一杯だったでしょう。 彼らのエマオへの途上は、主の復活を信じてエルサレムにとどまる事が出来ないという、まさに不信仰への途上です。その一歩一歩は、不信仰の歩みであり、

2024年5月14日 ルカの福音書23章

『あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます』 主イエスと一緒に十字架につけられた二人の犯罪人、一人はイエスを罵り、「おまえはキリストではないか。自分と俺たちを救え」と言った。救い主である事を証明してみせろと言うのである。今の世に住む、自分の姉も、聖書は素晴らしい文学書と言っている、つまり作り話であると思っている人が多い。イエス・キリストが救い主、それならば証明して見せたら信じると言うのである

2024年5月13日 ルカの福音書22章

『わたしはあなたのために、あなたの信仰がなくならないように祈りました。ですから、あなたは立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい』 過ぎ越しの祭りが近づき、イエスはペテロとヨハネに過ぎ越しの食事のための場所を用意するよう言われました。弟子たちがどこに用意しましょうかと尋ねると、水がめを運んでいる人が入って行く家の二階の大広間、とイエスは言われました。早速弟子たちが町に行ってみると、イエスの言われ

Σχόλια


bottom of page