2022年3月28日 ディボーション

伝道者の書 11章


『イエスによる施しに倣う』


 11章の解釈について学んだところ、この章は「施し」について書いているという。1節にある「あなたのパンを水の上に投げよ。」とは、惜しまず、また見返りを期待しないで、施しをせよ、という教えだという。

 施しを与えた相手が誰なのか、またそれによってどのような結果を招いているのかは、分からない。もしかしたら何の役にも立っていないかもしれない。しかし、神はその行為をご存知だというのである。


 これは、モーセの律法に従った考えであろう。新約の時代に生きる私たちにこの律法を守る義務はない。しかし、イエスは「神のものは神に返しなさい。」(マルコ12:17)と言われている。


 私たちが与えられているもので、神からのものでないものは何ひとつない。神は、無条件に、すべての人に、施しを与えておられる。ならば、神の子とされた者が、無条件に、すべての人に施しをすることは、神のみこころにかなっているのではないだろうか。


 以前私が、カハラ近くのビーチパークでウエディングセレモニーに参加していた時、一人の若い、たぶん精神的に病んでいると思われるホームレスの男性が、バスに乗りたいから2ドルくれと言って歩き回っていた。見た感じ少し強面で、尋ね方も物騒で、その公園にいた人たちは皆、彼を敬遠していた。その彼が、ついに私たちの近くに来た。そこには私の子ども達も一緒にいたから、私はまず子ども達の安全を考えていた。そして私は、ただ財布を取り出して、彼が必要とする2ドルを渡していた。

 

 あの時、私と一緒にいた大人達は皆、ある種の恐怖感を抱いていたと思う。しかし、私はなぜかその時、何の恐怖も彼から感じなかった。それより、2ドルを受け取った時の彼の目が今も忘れられないでいる。嬉しくて泣きそうな目だったのである。

 

 あの時、2ドルを渡したのは私だが、そうされたのは、私の中におられるイエスであったことに後で気づいた。イエスのあわれみが彼に届いたのである。だから、私はあの目に出会うことができた。イエスはホームレスの彼と私に、イエスの愛による恵みを与えてくださったのである。

 

「あなたのパンを水の上に投げよ。」と伝道者は語る。しかし、それをなさるのはイエスである。イエスが私にくださるパンを水の上に投げていこうと思う。

 

祈り:愛する天のお父様。私の施しが、私自身の動機ではなく、イエスのみこころによる施しとなりますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

雅歌2章 2章では、日焼けして美しい女性を、ソロモンがシャロンの花と讃えている。ソロモンの妻となるその女性もソロモンのことを褒め讃えている。婚約時代の男女の美しい存在関係を綴っている。 私は中学生になっても、ものすごいおてんばだった。ある時、テストの結果を4〜5人の男女で話していると、学年成績トップの男子が女の子達を物事に喩えて話した。私のことは「おまえは、花だ」と言った。嬉しいよりも先にとても驚

伝道者の書 12章 『結論「神を畏れよ」』 今日はいよいよ最後の伝道書になりました。この書はまるで自分の今までの生き方をまとめあげている。クリスチャンになる前の自分は、教会は弱い者たちである女、子どもが行く所で自分は家族のために仕事で頑張るのが使命と確信していた。その頃は妻との口論になった時にはよく、それでもあなたはクリスチャンかと非難したりしていた。今思うと随分酷い言葉を投げつけていたと後悔して