2022年3月21日 ディボーション

伝道者の書4章


『二人がいい』

 伝道者の書は、神の支配にない日常が、どういうものであるのかを語っている。人間は神に造られた被造物であるがゆえに、神を抜きにした人生に希望はない、ということが悲しいほどにわかる。特に、1節から8節で語られていることは、現代を生きる多くの人が、日々の暮らしの中で感じていることではないだろうか。

 

 伝道者は、「いのちがあって、生きながらえている人よりは、すでに死んだ死人に、私は祝いを申し上げる。また、この両者よりもっと良いのは、今までに存在しなかった者、日の下で行われる悪いわざを見なかった者だ。」(2~3節)と語る。

 これはまさしく、神に出会う以前の私の心境である。自分は生まれてこない方が幸せだった、と思ったことは幾度もあった。

 

 また伝道者は「ひとりぼっちで、仲間もなく、子も兄弟もいない人がいる。それでも彼の一切の労苦には終わりがなく、その目は富を求めて飽くことがない。そして「私はだれのために労苦し、楽しみもなく、自分を犠牲にしているのか」とも言わない。これもまた空しく、辛い営みだ」(8節)と語る。

 これもまた、幸せを履き違えていた頃の私である。バブルの時代に生きた世代にとって、お金があれば幸せ、なければ不幸という図式が、頭の中で成立していた。かといって、裕福な家庭に生まれたわけでもないため、あくせくと毎日朝から晩まで働かなければならない。お金さえあれば幸せを享受できると信じていたあの頃を思うと、なんと空しい毎日を過ごしていたのか、と思う。

 そのような、空しい日々を送る人たちに伝道者は、「二人は一人よりもまさる」(9~10節)と語られる。

 

 神は人が一人でいるのはよくないと、助け手を造られた(創世記2:18)。なのに、日本人の多くは、一人で何とかしようと頑張って生きようとする。頑張れるうちはまだいい。でも頑張れなくなったとき、心が病んでしまったら、残された道は悲しい結末を迎えることになる。破滅への道を選ぶことは、神ご自身が悲しまれる。

 ひとりぼっちではなく、二人がいい。一人の人に、一人が寄り添えば、ひとりぼっちではなくなる。そして、そこにイエスさまをお迎えするなら三人になれる。愛の家族は二人から始まる。神のみこころがこの身に成りますようにと祈りたい。 

祈り:愛する天のお父様。新たな気づきに感謝いたします。助けを必要とする方の心に応答する者とさせてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

雅歌2章 2章では、日焼けして美しい女性を、ソロモンがシャロンの花と讃えている。ソロモンの妻となるその女性もソロモンのことを褒め讃えている。婚約時代の男女の美しい存在関係を綴っている。 私は中学生になっても、ものすごいおてんばだった。ある時、テストの結果を4〜5人の男女で話していると、学年成績トップの男子が女の子達を物事に喩えて話した。私のことは「おまえは、花だ」と言った。嬉しいよりも先にとても驚

伝道者の書 12章 『結論「神を畏れよ」』 今日はいよいよ最後の伝道書になりました。この書はまるで自分の今までの生き方をまとめあげている。クリスチャンになる前の自分は、教会は弱い者たちである女、子どもが行く所で自分は家族のために仕事で頑張るのが使命と確信していた。その頃は妻との口論になった時にはよく、それでもあなたはクリスチャンかと非難したりしていた。今思うと随分酷い言葉を投げつけていたと後悔して