2022年3月12日 ディボーション

箴言26章

『イエスさまの主の祈り』  箴言は今日も辛辣だ。愚か者や怠け者を容赦なく叱りさばく。「馬にはむち、ろばにはくつわ。愚かな者の背中にはむち。」3節、「愚かな者が口にする箴言は、足の萎えた者の垂れ下がった足。」7節。手厳しいなあ。  プーチンはロシア正教の信者なのだろうか。聖書を読んだことはあるんだろうか。愚か者は自分のことを愚か者だとは思わないので、みことばは届かないのだろうか。またもや憤慨がこみ上げてくる。  それでなくてもこの時期の私は、激しく動揺したり不安になった日のことを思い出し、平安を失いそうになる。  11年前の3月11日の震災の時、私は東京で仕事をしていた。体験したことのない地震。エレベーターが止まり20階の撮影スタジオから避難階段で地上に降りると、目の前の電信柱と電線が驚くほど揺れていた。 夫はその前の年、食道癌の大きな手術をしていた。胃も切除したので痩せてしまい、暖かなハワイで療養をすることにし、数ヶ月前からノースショアの家に滞在していた。余震が続く中、夫に電話をしたら、東北に津波が来ていると教えてくれた。自宅に被害はなかったものの、心細かったのですぐにハワイに行くことにした。私にとって最も心細いのは、術後の夫が全快するかどうか。喪失の不安。地震や津波はその不安を増幅させ、私のいる世界は恐怖だらけになってしまった。  小学校から大学まで一緒で、のちにシスターになった友人に連絡し、予定を早めてハワイに行くことを伝え、闇のような気持ちを聞いてもらった。すぐに彼女から『主の祈り 世界を包む祈り』という本が届き、メモが添えられていた。「7歳から10年以上毎日一緒にお祈りした「天にまします」だよ。忘れてないかもしれないけど、自分の字でお祈りを書き写して、それをゆっくり味わうように口づさんでごらん。本は飛行機の中で読んでね。」とあった。  私はまだ洗礼を受けていなかったけれど、友に言われた通りにした。本の著者はドイツ人の神学者ティーリケ。ナチスに迫害されても屈せず、空爆中も「主の祈り」の説教をし、教会の焼け跡の中で「主の祈り」のみことばを伝え続けた。その11回に及ぶ説教集だった。  震災、夫の死。私はハワイに移り住み、2016年にHCC で洗礼に授かった。神さまと教会の家族からたくさんの癒しと恵みをいただいた。 21世紀だというのに、疫病が世界を不安に陥れた。2年前の3月、今頃だったか、コロナが蔓延しかかる世界に向けて、ローマ教皇フランシスコは呼びかけた。「主の祈りを、世界中の皆さんで唱えましょう」と。  カソリックでなくても宗派を超えて祈れる「主の祈り」。イエスさまがこう祈りなさいと、直々教えてくださった主の祈り。疫病と野蛮な戦火が鎮まるよう、今また主の祈りを口づさんでいる。  閑話休題。レントのしおり、今日の黙想は一コリント2章2節 「なぜなら私は、あなたがたの間で、イエス・キリスト、しかも十字架につけられたキリストの他には、何も知るまいと決心したからです。」 パウロは豊富な聖書知識と経験と知恵を持っていた。しかし「決心」した。唯一、十字架のイエスさまでなければ、人は救われない。イエスさまだけを宣べ伝えようと。パウロのお祈りはきっと「主の祈り」だったのだろう。主の祈りは福音全体の要約、さすがイエスさまである。  神さま、イエスさまに教えていただいた主の祈りで祈ります。  聖書も開けないないほど具合が悪かったれいさんが、主の祈りを口づさんで癒しを得ていったように。「たじろぐな」のみことばに従い、再発からも快方の恵みを与えられているれいさんのように。神さま、感謝します。これからもどうぞ、れいさんと私たちを守ってください。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:83回

最新記事

すべて表示

雅歌2章 2章では、日焼けして美しい女性を、ソロモンがシャロンの花と讃えている。ソロモンの妻となるその女性もソロモンのことを褒め讃えている。婚約時代の男女の美しい存在関係を綴っている。 私は中学生になっても、ものすごいおてんばだった。ある時、テストの結果を4〜5人の男女で話していると、学年成績トップの男子が女の子達を物事に喩えて話した。私のことは「おまえは、花だ」と言った。嬉しいよりも先にとても驚

伝道者の書 12章 『結論「神を畏れよ」』 今日はいよいよ最後の伝道書になりました。この書はまるで自分の今までの生き方をまとめあげている。クリスチャンになる前の自分は、教会は弱い者たちである女、子どもが行く所で自分は家族のために仕事で頑張るのが使命と確信していた。その頃は妻との口論になった時にはよく、それでもあなたはクリスチャンかと非難したりしていた。今思うと随分酷い言葉を投げつけていたと後悔して