2022年2月6日 ディボーション

マルコの福音書 8章


 イエスは、4000人の群衆に奇跡をおこされる。7つのパンと少々の魚で群衆の空腹を満たされる。6章では5つのパンと2匹の魚で5000人の群衆の空腹をみたされたのである。そのような奇跡や多くの人々を癒されたイエスの御業を目で見て、耳で聞いてきたにもかかわらずパリサイ人たちは、イエスに議論を始めるのである。つまり、天からのしるしを求め、イエスを試みようとしたのである。私達も常になにかのしるしを求めようとすることがある。そのしるしがなければ正当化されないのではという不安にかられることがある。だが天からのしるしを求めなくても私達は、イエスさまというお方を自分の前におくことによって不安な気持ちから平安な気持ちに変えられていくのである。それこそ34節で語られていることではないだろうか。


「だれでもわたしに従って来たければ、自分を捨て、自分の十字架を負って、わたしに

従って来なさい。」


 自分を捨てるというのは、自分を無くすことではなく、神を否定しやすい自分を捨てるということらしい。神を否定し易い人間の性に注意し、そのような自分を捨て、この世に生を受けた意味を問いながら生きていくことを勧めているのであると解釈されている。主イエスの後ろに従うことである。


 29節で、イエスは12人の弟子たちにお尋ねになった。 

「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」


 この箇所は、2020年に関牧師が12使徒シリーズのクラスを持ってくださったところである。自分に置き換えてみて、自分ならどう答えるかという分かち合いで、大変興味があってよい学びを持たせていただいたところである。


 さて、ペテロが開口一番で、「あなたはキリストです。」と、見事に的を射る発言をしたのである。イエスは大変喜ばれて、マタイ16:19でペテロに天の御国の鍵を与えると言われたのである。お調子者にしては上出来だったことだと思う。だが、その後が悪かった。イエスは、自分が多くの苦しみを受け、長老たち、祭司長たち、律法学者たちに捨てられ、殺され、3日後によみがえらなければならないと、弟子たちに教え始められた。その時、ペテロはイエスをわきにお連れしていさめはじめたのである。ペテロや他の弟子たちは、その教えを理解することはできなかったのだ。だからペテロもイエスをいさめはじめたのでしょう。その時、イエスは、ペテロだけでなく他の弟子たちをみて叱ったのである。彼らを叱ったのではなくて背後にいるサタンに向かって、「下がれ、サタン。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」と言われたのだ。サタンは、イエスが十字架に架かられること、死んで墓に葬られて、3日後によみがえられることを阻止しょうとしていたのである。


 イエスの弟子たちへの教えは難解だらけである。それでも、弟子たちはイエスの教えに叱咤激励を受けながら学んでいく姿は、私達一人一人にも大いに学ぶべきことである。


祈り

 愛する天の父なる神様。御名を褒めたたえます。

 今日の聖書のみことばをありがとうございます。イエスさまの教えは私にとっても大変むつかしくてわからないことがたくさんあります。しかし、12人の弟子たちはわからないながらもイエスさまに従ってきました。私もイエスさまに常に従っていくことができますように、そして、あなたが何をお語りになっているのかを理解することができますように導いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

箴言14章 『主を恐れること』 14章1節から25節は、主を恐れる者と、そうでない者との対比が書かれている。イエスに出会う前、いや信仰を持った今でさえ、自分はいかに愚かであるかを痛感させられる。特に1節の「知恵のある女は家を建て、愚かな女は自分の手でこれを壊す。」は、離婚歴のある自分には、何度読んでも心が痛む箇所である。新しい新改訳聖書の訳はとても優しいが、自分が初めて読んだ共同訳聖書は、こう訳し

箴言14章 箴言には「わが子よ」で始まる節が多い。神さまはいつも「わが子よ」と私たちを呼び、知恵を授けてくださる。牧師先生が、「物には買うと取扱説明書がついてくるが人間についてこない」、とおっしゃったことがある。箴言は私たち人間の取扱説明書の一部だ。感謝です。 この知恵の書には反対語が多く使われている。14章も「知恵のある女」と「愚かな女」で始まる。 昔、学校で”時間”の反対語は”空間”である、と

箴言 13章 「知恵のある子は父の訓戒を聞き、嘲る者は叱責を聞かない。」1節 私の家は父と母が商売をしていた。小さい頃の思い出は、父と母が額に汗して一生懸命に働いているのをみて育ってきた。働いている時の父の顔はとても怖かった。とても神経がピリピリしているのが伝わってくる思いだったけど、でもその働いている父の姿には生気がみなぎっていて何か感動するものがあった。近ずけなかった。私は、そのような両親をみ