2022年2月3日 ディボーション

マルコの福音書5章


『Jesus Has Power Over Demons』


 マルコによる福音書は、ペテロの仲間の一人であるマルコによって書かれたことが広く認められています。ですから、マルコはこの福音書に書かれているいくつかの記述の目撃者ではなかったかもしれません。しかし、マルコの情報源である使徒ペテロは目撃者だったのです。マルコ5章には、イエスが行った3つの奇跡の目撃談が記されています。紙幅と時間の関係で、このうち一つの奇跡だけを取り上げることにします。


 マルコ5章の最初の奇跡は、イエスさまがゲラサの地で悪霊に取りつかれた人から悪霊を追い出して、豚の中に追いやったというものです。では、イエスはゲラサでどれほどの悪霊を追い出されたのでしょうか。悪霊は9節で、自分の名前が「レギオン」(私たちは大勢)であることを明らかにしています(マルコ5:9)。

 ローマの皇帝アウグストゥスの時代、レギオンは6,826人の兵で構成されていました。正確に6,826の悪霊がいたとは言えませんが、それ以上の悪霊がいたことは自信を持って主張することができます。実際、悪霊の数は数千に及んだと思われます。

 さて、よく聞かれる質問があります。「なぜ新約聖書には、イエスが悪霊を追い出したという微妙に異なる3つの記述があるのですか?」

  この出来事は、マタイ8章28節から34節、マルコ5章1節から20節、ルカ8章26節から38節に記されています。そこにはいくつかの疑問があります。1) マルコとルカが記述しているように悪霊に取りつかれた人は一人だったのか、それともマタイが証言しているように二人だったのか。2) これはゲラサで起こったのか、それともガラサで起こったのか。

 第一は簡単です。「二人の男」がいる所には「一人の男」もいるという論理的な法則に従います。マルコとルカの福音書は、この悪霊に憑かれた男のうちの一人に焦点を当てました。マタイは、他の福音書に書かれている悪霊に憑かれた「男」以外に、もう一人の悪霊に憑かれた男がいたことを明らかにしています。他の二人の福音書がその男に言及しなかった理由については、単に知らなかったのだと思われます。

 ゲラサかガラサかという問題については、三つの福音書ともそれぞれの場所の前に「・・・の国」(マタイ8:28、マルコ5:1、ルカ8:26)という言葉が入っています。ご存知のように、悪霊に憑かれた人々はこれらの町の中には住んでおらず、町の中心から離れた郊外にある墓場に住んでいました。ゲラサの町は、海から30マイルほど離れたところにあったと考えられています。ガラサは海から6マイルほど離れていたようです。このように、墓は海から非常に近いところにあったのです。ですから、この一つの出来事はゲラサとガラサの町の近辺にある墓場で起こったと結論することができます。

 最後に、ルカはこの記述をマルコからコピーした可能性が高いということです。一方、マタイは独自の視点からこの出来事を記述しています。ご存知のように、共同作業がない限り、二人の目撃者の証言が同じであることはありません。


 もちろん、この3つの記述には、悪霊に憑かれた人の数や場所よりもずっと重要なことがあります。それは、イエスご自身がなさったことです。三つの記述はすべて、神の子イエスが悪霊を追い出す力を持っていることを宣言しているのです。

 さらに、3つの記録はすべて、悪霊(堕天使)がイエスを「いと高き神の子」としてすぐに認識したことを明らかにしています(マタイ829、マルコ5:7、ルカ8:28)。意図的ではなかったかもしれませんが、悪霊たちはイエスを認め、イエスが本当に何者であるかを証言しているのです。

 私たちは、無闇に悪霊狩りをすることは賢明ではありません。しかしクリスチャンは、イエスの御名と私たちのうちに住んでおられる神の霊の力によって、悪霊を追い出す能力を持っていることを知らなければなりません。

 マタイ17章14節から20節によると、これを行うには多くの信仰が必要ですが、それは可能なのです。ルカ9章1節には、イエスが弟子たちに悪霊を追い出す力と権威を与えられたことが記されています。マルコ9章38節から40節には、イエスの御名が悪霊に対して持っている力をさらに明らかにしています。


 このことから、私たちは何を学ぶことができるでしょうか。悪霊は実在します。悪霊は実在するだけでなく、人に取り憑き、多くの害をもたらす力があります。さらに、聖書は悪霊の活動が停止したとは言っていません。悪霊は実在し、今日も私たちの周りにいて、サタンの仕事を続けています。

 しかし、イエスは悪霊に打ち勝つ力を持っています。いと高き神の子であるイエスは、全能のお方です。もしあなたがクリスチャンなら、あなたの内には神の霊が住んでいます。もしあなたがクリスチャンなら、あなたには悪霊を追い出す権威があるのです。

 私たちは、今日も続いているこの霊的な戦いに注意する必要があります。悪霊は強いです。しかし、私たちクリスチャンの側には、全能の方であるイエスさまがおられます。しかも、聖書はすでに勝利者が誰であるかを宣言しています。それはイエスさまです。


 父なる神さま、今日の御言葉をありがとうございます。過去の兄弟たちの証に感謝します。彼らの証言が、私たちが現在行っているこの霊的な戦いに勇気を与えてくれます。今日も敵に立ち向かうために、あなたの聖霊が導きと力を与えてくださいますように。私たちが敵と戦い続け、あなたの王国を築き上げるために、私たちと共にいてくださることを感謝します。私たちが今日、敵の嘘に立ち向かう時、主よ、私たちをあなたの霊で満たし、導いてくださるようお願いします。悪霊に取り憑かれた人のように、私たちの敵は人間ではなく、霊的な存在であることを覚えます。この霊的な敵と戦う私たちを、どうかこれからも導き、守ってください。父なる神さまの御心が天で行われるように、この地でも行われますように。父なる神よ、ありがとうございます。私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, amen.


『Jesus Has Power Over Demons』


It is widely accepted that The Gospel of Mark was authored by one of Peter’s companions: Mark. Therefore, although Mark may have not been an eyewitness to some of the accounts in this gospel, Mark’s source, the Apostle Peter, was. Mark 5 gives the eyewitness accounts of 3 miracles done by Jesus. Because of space and time constraints, only one of these miracles will be discussed.

 

The first miracle in Mark 5 is of Jesus casting out demons from the possessed man in the country of Gerasenes and driving them into pigs. So how many demons did Jesus cast out at Gerasenes? The demon revealed in verse 9 that his name was “Legion” and that “. . . we are many” (Mark 5:9). During the times of Augustus, a legion consisted of 6,826 men. Although we cannot say that there were exactly 6,826 demons, we can confidently claim that there were more than just a few demons. In fact, the number of demons was more like a few thousand. One question that gets asked a lot is: “Why are there three slightly different accounts of Jesus casting out demons in the New Testament?” This event is described in Matthew 8:28-34, Mark 5:1-20, and Luke 8:26-38. The more difficult questions are: 1) “Were there one demon possessed man as Mark and Luke describes or were there two as Matthew witnesses.” 2) “Did this happen in Gerasenes or Gadarenes?” The first is easy: we go to the logical rule that: where there are “two men,” there is also “one.” The Gospels of Mark and Luke focused on one of these demon-possessed men. Matthew reveals that besides the demon possessed “man” described in the other gospels, there was also another demon-possessed man. As for the reason why the other two gospels did not mention the other man, we simply do not know. As for the question of Gerasenes or Gadarenes, all three Gospels has the words “. . . the country of” (Matthew 8:28, Mark 5:1, Luke 8:26) before each location. As we know, the demon-possessed men did not live inside these cities but in the tombs that are in the outskirts away from the town centers. They city of Gerasa is believed to have been around 30 miles from the sea. Gadara is believed to have been around 6 miles from the sea. The tombs were very close to the sea. Therefore, we can conclude that this single event happened at tombs that were located in the general vicinity of the towns Gerasa and Gadara. One final comment is that Luke most likely copied this account from Mark. Matthew, on the other hand, described his account of this event from his unique perspective. As we know, no two witness statements are ever identical unless there is collaboration. 

 

Of course, there is something more in these three accounts that is way more important than the number of demon-possessed men and location. That is, of course, what Jesus Himself did. All three accounts declares that Jesus, the Son of God, has the power to cast out demons. Furthermore, all three accounts reveal that the demons (fallen-angels) immediately recognized Jesus as the “Son of the Most High God” (Matthew 8:29, Mark 5:7, Luke 8:28). Although it may not have been intentional, these demons recognized Jesus and gives testimony for who He truly is: “Song of the Most High God.” More importantly, however, is that Jesus has the power to drive out demons. Although it is most likely unwise to randomly go demon hunting, Christians must also know that we too have the ability to cast out demons through the power of His Name and the Spirit of God who lives in all of us. Matthew 17:14-20 reveals that we need a lot of faith to do this but it is possible. We see in Luke 9:1 that Jesus gave his disciples the power and authority to cast out demons. Mark 9:38-40 further reveals the power that Jesus’ name has over demons. 

 

What can we learn from this? Demons are real. Not only are demons real but they have the ability to possess people and cause a lot of harm. Furthermore, the Bible DOES NOT say that demonic activity stopped. Demons are real and they are all around us today and continue to do Satan’s work. But, Jesus has power over the demons. Jesus, the Son of the God Most High is the All Powerful. If you are a Christian, you have the Spirit of God living in you. If you are a Christian, you have Christ’s authority to cast out demons. Through Jesus’ Name, you have the authority to cast out demons. We need to be aware of this spiritual battle that continues even today. Demons are strong. But we Christians have Jesus, the all-powerful on our side. Furthermore, the Bible already declares who the victor is: Jesus!

 

Thank you, Father, for our Word today. Thank you for the testimonies of our brothers in the past. Let their testimonies give us courage to fight this ongoing spiritual battle that we are in. Let your Spirit give us guidance and strength as we continue to engage the enemy today. Thank you for being with us as we continue to engage this enemy and build Your kingdom. We ask you Lord to also fill us with Your spirit and guide us as we engage the lies of the enemy today. Let us remember that just as the demon-possessed man, our enemy is not flesh and blood but spiritual forces. Please continue to guide and protect us as we fight this spiritual enemy. Please let Your will be done here on earth as it is in heaven, Father. Thank you Father. We love You. In Jesus Name we pray, amen.

 

閲覧数:47回

最新記事

すべて表示

箴言14章 『主を恐れること』 14章1節から25節は、主を恐れる者と、そうでない者との対比が書かれている。イエスに出会う前、いや信仰を持った今でさえ、自分はいかに愚かであるかを痛感させられる。特に1節の「知恵のある女は家を建て、愚かな女は自分の手でこれを壊す。」は、離婚歴のある自分には、何度読んでも心が痛む箇所である。新しい新改訳聖書の訳はとても優しいが、自分が初めて読んだ共同訳聖書は、こう訳し

箴言14章 箴言には「わが子よ」で始まる節が多い。神さまはいつも「わが子よ」と私たちを呼び、知恵を授けてくださる。牧師先生が、「物には買うと取扱説明書がついてくるが人間についてこない」、とおっしゃったことがある。箴言は私たち人間の取扱説明書の一部だ。感謝です。 この知恵の書には反対語が多く使われている。14章も「知恵のある女」と「愚かな女」で始まる。 昔、学校で”時間”の反対語は”空間”である、と

箴言 13章 「知恵のある子は父の訓戒を聞き、嘲る者は叱責を聞かない。」1節 私の家は父と母が商売をしていた。小さい頃の思い出は、父と母が額に汗して一生懸命に働いているのをみて育ってきた。働いている時の父の顔はとても怖かった。とても神経がピリピリしているのが伝わってくる思いだったけど、でもその働いている父の姿には生気がみなぎっていて何か感動するものがあった。近ずけなかった。私は、そのような両親をみ