2022年2月28日 ディボーション

箴言14章


『主を恐れること』


  14章1節から25節は、主を恐れる者と、そうでない者との対比が書かれている。イエスに出会う前、いや信仰を持った今でさえ、自分はいかに愚かであるかを痛感させられる。特に1節の「知恵のある女は家を建て、愚かな女は自分の手でこれを壊す。」は、離婚歴のある自分には、何度読んでも心が痛む箇所である。新しい新改訳聖書の訳はとても優しいが、自分が初めて読んだ共同訳聖書は、こう訳している。

「知恵のある女は家庭を築く。無知な女は自分の手でそれをこわす。」


 クリスチャンになったばかりの頃、この聖句によって自分がいかに愚かで、無知で、浅はかな者であったかを思い知らされ、そんな人間は幸せを求めてはいけないと思った。罪を赦された者として歩みを始めたのに、である。


 ここに、聖書を自分読みする恐ろしさがあると思う。聖書はすべて繋がっている書である。故に、その前後の文脈を無視すれば、その聖句の解釈は、聖書記者が意図するものとは全く違った解釈となる危険性がある。また聖書は神が本当の著者であるため、霊的に幼い心で読むとき、逆にサタンによって惑わされる危険性もある。ここに聖書を学ぶことの大切さがあると思う。


 箴言のテーマは「主を恐れること」にある。これは恐怖心を抱け、ということではない。畏敬の念を抱け、ということである。主に信頼して従っていくことによって、滅びの道ではなく、たとえ死の中にあっても、そこには逃れ場があり、希望がある、と主は言われるのである。


 箴言の言葉は非常に辛辣である。信仰のない人が読めば、かなり傷つくだろうし、怒り狂うかもしれない。しかしそれは事実だから、痛いのである。


 自分の力で罪を赦すことも、きよくなることも出来ない人間は、知恵のある者と愚かな者について学んで、そして身を守れ、と箴言は語っているのだろうと思う。これらを覚えて守るとき、それは主を恐れることにつながっていくのである。


 自分は、恐れ多くも、全知全能なる神の子とされ、御国を引き継ぐ者とされた。そのような者として、新たに14章を再読する時、私の心は痛みではなく、我が子を訓練しようとされる神の愛を感じることが出来た。アーメン、主に栄光あれ。


 祈り:天におられる父なる神よ。みことばを食し、よく咀嚼することを教えていただき、ありがとうございます。さらに、みことばを学び、イエスさまから12弟子たち、そして私たちへと託された福音伝道の働きが栄えますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

箴言31章 “Words of Wisdom from a Godly Women”  31章は、箴言の最後の章になり、レムエルという名の無名の王が書いたとされています。興味深いことに、この箴言はレムエルのものでありながら、レムエルの言葉ではなく、彼の母親の言葉が記されています。  この箴言の特徴は、一人の女性の言葉、教えが記されていることです。歴史の大半は男性が支配してきたものであり、もち

箴言29章 「愛のムチ」  母が亡くなる前「一番後悔しているのはあの娘をあげてしまった事」と悔やんでいた。”あの娘”とは自分の3人の姉の中の次女のことを話している。母が未だ若い時に母子家庭となり苦労しながら4人の子育て生活をしていた頃、母の弟に当たる叔父さんは商売上手で裕福な家庭だったが子宝に恵まれていなかった。そうこうするうちに一番叔父さんに特に可愛がられていたこの姉は、たびたび叔父宅に遊びに