2022年2月26日 ディボーション

箴言12章


『戦争反対』


 天の父なる神さま、今日はお祈りからはじめます。

 いかなる戦争も反対です。なのに目の前で、プーチンはウクライナに侵攻し、戦火が上がっています。神さま、どうかあなたの愛と義でプーチンを正してください。ウクライナに暮らす人々を守ってください。

「悪しき者のことばは血に飢え、」6節

「悪人は唇で背いて罠にかかる。」13節

「愚か者は自分の怒りをすぐ表す。」16節

 12章に出てくる、悪しき者、悪人、愚か者はぜんぶプーチンに思えてなりません。私がさばくことはないと思っても怒りを鎮めることができません。

「義の道にはいのちがあり、その道筋には死がない。」28節

 この麗しい希望のみことばが成就しますよう、世界中の戦地にいる人を守りお救いください。イエスキリストの御名で祈ります。アーメン

閲覧数:58回

最新記事

すべて表示

箴言31章 “Words of Wisdom from a Godly Women”  31章は、箴言の最後の章になり、レムエルという名の無名の王が書いたとされています。興味深いことに、この箴言はレムエルのものでありながら、レムエルの言葉ではなく、彼の母親の言葉が記されています。  この箴言の特徴は、一人の女性の言葉、教えが記されていることです。歴史の大半は男性が支配してきたものであり、もち

箴言29章 「愛のムチ」  母が亡くなる前「一番後悔しているのはあの娘をあげてしまった事」と悔やんでいた。”あの娘”とは自分の3人の姉の中の次女のことを話している。母が未だ若い時に母子家庭となり苦労しながら4人の子育て生活をしていた頃、母の弟に当たる叔父さんは商売上手で裕福な家庭だったが子宝に恵まれていなかった。そうこうするうちに一番叔父さんに特に可愛がられていたこの姉は、たびたび叔父宅に遊びに