2022年2月25日 ディボーション

箴言 11章


欺きの秤は主に忌み嫌われ、正しい重りは主に喜ばれる。」(1節)


 穀物などを売買するとき、重さや量をごまかして利益を得る不正行為。これは神様が憎む行いのひとつである。

 少し前の6章(16〜19節)に、主が忌み嫌うもの7つが挙げられていた。

①高ぶる目

②偽りの舌

③咎なき者の血を流す手

④邪悪な計画をめぐらす心

⑤悪へと急ぎ走る足

⑥まやかしを吹聴する偽りの証人

⑦兄弟の間に争いを引き起こす者

 ”まやかし”とは、ごまかす、不正をする、偽もの、いんちき、という意味になる。


 この7つに共通するものは、自分本位の欲望や感情ではないだろうか。

 人は誰でも、自分が得したい、あるいは損したくないと思う気持ちや、自分を高く評価してもらいたい、あるいはバカにされたくないと思う気持ちを持っている。

 損得や優劣を競わされる社会の中で生活している私たちにとって、自分勝手な欲を退けることは容易ではない。

 しかし、私利私欲に捕らえられてはならない。

 ヤコブの手紙1章では、「人が誘惑にあうのは、それぞれ自分の欲に引かれ、誘われるからです。」(14節)、「そして、欲がはらんで罪を生み、罪が熟して死を生みます。」(15節)、欲の行き着く先は死だと言っている。

 自分本位な考え方が、主に忌み嫌われる行為につながってゆく。


 ごまかす、だます、高ぶる、裏切る、神を敬わない、隣人を蔑む、人を中傷して回る、横暴で残忍、与えることを惜しむ、家族にわざわいをもたらす。

 私はこの中のどれにも当てはまらない、と言い切れる人間はこの世にひとりもいないだろう。 

心の曲がった者は主に忌み嫌われ、まっすぐな道を歩む者は主に喜ばれる。」(20節)

 主に喜ばれるまっすぐな道を歩まれたイエス様は、サタンの誘惑に負けず、知恵によって悪を避けられた。天の父に聞き従う道から1ミリもそれることのない完全なお方だった。誠実で、優しく、義と善を追い求め、おおらかで、与えることを惜しまないイエス様は、まさに知恵の人だと言えるだろう。 

 私たちも、イエス様のように、生活の中で善を実践する者でありたい。そして、不正を働かなくても、人の足を引っ張らなくても、自分の弱点をごまかさなくても、神様は必要なものを与えてくださる。そう信じて、祈りたい。

 

 愛する天のお父様。人に与えるよりも、自分の欲を追い求めてしまう愚かな私をお赦しください。「他人を潤す人」になれますように、私の内にある罪を清めてください。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:37回

最新記事

すべて表示

箴言31章 “Words of Wisdom from a Godly Women”  31章は、箴言の最後の章になり、レムエルという名の無名の王が書いたとされています。興味深いことに、この箴言はレムエルのものでありながら、レムエルの言葉ではなく、彼の母親の言葉が記されています。  この箴言の特徴は、一人の女性の言葉、教えが記されていることです。歴史の大半は男性が支配してきたものであり、もち

箴言29章 「愛のムチ」  母が亡くなる前「一番後悔しているのはあの娘をあげてしまった事」と悔やんでいた。”あの娘”とは自分の3人の姉の中の次女のことを話している。母が未だ若い時に母子家庭となり苦労しながら4人の子育て生活をしていた頃、母の弟に当たる叔父さんは商売上手で裕福な家庭だったが子宝に恵まれていなかった。そうこうするうちに一番叔父さんに特に可愛がられていたこの姉は、たびたび叔父宅に遊びに