top of page
  • hccnichigo

2022年2月18日 ディボーション

箴言 4章


 ソロモンが父ダビデに代わって王とされた時、神は、夜の夢のうちにソロモンに現れ「あなたに何を与えようか。願え。」と仰せられた。ソロモンが願ったものは、神が選ばれた民を統治するための知恵だった。

 ソロモンの願いを聞いた神は、次のように仰せられた。

あなたがこのことを願い、自分のために長寿を願わず、自分のために富を願わず、あなたの敵のいのちさえ願わず、むしろ、自分のために正しい訴えを聞き分ける判断力を願ったので、見よ、わたしはあなたが言ったとおりにする。見よ。わたしはあなたに、知恵と判断の心を与える。あなたより前に、あなたのような者はなく、あなたの後に、あなたのような者は起こらない。」(1列王記3章11〜12節)


 ソロモンは、神の計画の中に置かれている自分の立場をわきまえていた。自分のような小さい者が国を治めるためには、御心に従って善悪を判断し、聞き分ける心が必要だと自覚していた。

 もし私がソロモンの立場だったら、神ではなく、自分の心を満足させるための願いに偏るに違いない。こうしてください、ああしてください、と自己中心的な願望に。

 神は、ソロモンの願い通り、知恵と判断の心をお与えになった。人は、自分の力で知恵を得ることはできない。知恵は神から与えられるものなのだ。


6節「知恵を捨てるな。これがあなたを守る。これを愛せ。これがあなたを保つ。

13節「訓戒を握りしめて、手放すな。それを保て。それはあなたのいのちだから。


 知恵を捨てる者は、悪の道に引きずりこまれ、悪循環に陥り、つまずく。

 つまずいた者は、一挙に挽回できる魔法の杖を求める。でも、そんな物は無い。


19節「悪しき者の道は暗闇のよう。彼らは何につまずくかを知らない。


 私は自分の人生を振り返ったとき、ものすごく惨めな気分になったことがある。取り返しのつかない数多くの失敗を繰り返してきた自分がダメ人間に思えて、自暴自棄になった。

 憂うつな気持ちを晴らそうとして、毎晩のように浴びるほどお酒を飲んだ。苦悩から気を紛らすために、趣味に没頭したり新しいことを始めてみたりしたけれども、全く効果はなく、自己嫌悪感は増すばかりだった。

 暴飲暴食を繰り返し、最後は薬に頼らなければ生活できないほどにまで、堕ちてしまった。

 私が暗闇の中でつまずいたまま、喜びを見出せなかった原因は、今ならわかる。

 私が望んだことの動機が全部「自分のため」だったからだ。


 箴言は、神の前に無知である私たちは、神のご計画の中に用いられる小さな存在であることを、表現をいろいろ変えながら繰り返し伝えてくれる書物だ。31章あるので、毎日1章ずつ読み進めると、ちょうど1ヶ月で通読できるのも嬉しい。

 日常生活にはびこる悪を避けて通るため、箴言のことばを盾に身を守りたい。


27節「右にも左にもそれてはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ。


 祈り:

 愛する天のお父様。知恵は、自分で得るものではなく、神様から与えられるものだと気づかされました。感謝します。自我意識の強い私を悔い改めます。赦してください。しょっちゅう悪の道に入ってつまずく私ですが、その都度あなたに立ち返ることを思い出させてください。神様の知恵によって私を正しい道に導いてください。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page