2022年2月14日 ディボーション

マルコの福音書16章


『信じること』


 イエス・キリストは約束どおり、三日目によみがえられた。そして約束どおり、ガリラヤに行かれ、弟子たちの前にその姿を現してくださった。そしてその一連のみわざ(十字架の死、葬り、復活、昇天)は、迫害をも恐れず、ひたすら福音を伝道する者へと、弟子たちを変えていったのである。


 しかし、復活されたイエスが目の前に現れるまでの弟子たちは、誰一人としてイエスのよみがえりを信じなかった。弟子たちは、十字架にかかる以前のイエスが語ることばや、目の前に起こる奇跡を体験し、イエスが主であることを信じていた。イエスこそが、ユダヤ人たちが待ち望んでいた救い主であることを信じていた。

 しかし、そのようなお方が、人間によって作られた法によってさばかれ、なんら抵抗することなく、十字架刑というもっとも悲惨な刑によって死んでしまった。人間として死に、墓にまで葬られてしまった。弟子たちは、絶望していただろう。だから、三日目になって、死なれたはずのイエスが、死人の中からよみがえったという話を聞いても、すぐに信じることなど出来なかったのだろうと思う。


 キリスト教はもちろんのこと、宗教はすべて信じることから始まる。カルト的宗教が横行するこの世の中で、信じる対象を吟味することは非常に大切なことである。

 昔まだ無宗教であった頃の自分は、「信じるだけで救われる」という言葉を聞いたとき、そんなバカな、と思った。信じるだけで救われるなら、誰も苦労なんかしない、と思った。その当時、信じることは容易いことと理解していたのである。


 しかし以前、聖書の学びをしていて、ある質問に出会った。


「どうしてイエスが十字架で死なれ、墓に葬られ、三日目に復活されたことを信じることができたのですか?」


 考えてみたが、これといった答えは出なかった。明確な理由を探しても、見つからないのである。そして、学びをリードされる牧師先生がその質問に対する正しい答えを教えてくれた。


「聖霊によるのです」


 クリスチャンであるなら、これほど納得のいく答えはないだろう。自分たちの力によって、信じることなど不可能なのだ。けれど、聖霊が内住される今、信じる力が与えられ、聖書のみことばすべて、神の霊感によって書かれたものであると、信じられるのである。

 クリスチャンであるなしに関わらず、人間には霊的資質が備わっているという。しかし、唯一であられる主を信じない人の霊性は眠っており、聖書に書かれてあるみことばを信じることができない。ちょうど、聖霊が降る以前の弟子たちが、イエスのよみがえりをすぐには信じることができなかったように、聖霊によってのみ、信じる力が与えられるからである。


 聖霊の満たしが、信仰生活を豊かにする鍵である。日々、それを求める習慣をつけていきたい。


 祈り:愛する天のお父さま。あなたを信じます。イエス様が私の罪のために十字架で死なれたこと、墓に葬られたこと、そして三日目によみがえられたことを信じます。このことのゆえに私は救われ、新しくされたことを、心から感謝します。聖霊の働きによって、未だ主の救いに与っていない、日本にいます家族や友人に、この福音を伝えることができますよう、導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。



閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

箴言14章 『主を恐れること』 14章1節から25節は、主を恐れる者と、そうでない者との対比が書かれている。イエスに出会う前、いや信仰を持った今でさえ、自分はいかに愚かであるかを痛感させられる。特に1節の「知恵のある女は家を建て、愚かな女は自分の手でこれを壊す。」は、離婚歴のある自分には、何度読んでも心が痛む箇所である。新しい新改訳聖書の訳はとても優しいが、自分が初めて読んだ共同訳聖書は、こう訳し

箴言14章 箴言には「わが子よ」で始まる節が多い。神さまはいつも「わが子よ」と私たちを呼び、知恵を授けてくださる。牧師先生が、「物には買うと取扱説明書がついてくるが人間についてこない」、とおっしゃったことがある。箴言は私たち人間の取扱説明書の一部だ。感謝です。 この知恵の書には反対語が多く使われている。14章も「知恵のある女」と「愚かな女」で始まる。 昔、学校で”時間”の反対語は”空間”である、と

箴言 13章 「知恵のある子は父の訓戒を聞き、嘲る者は叱責を聞かない。」1節 私の家は父と母が商売をしていた。小さい頃の思い出は、父と母が額に汗して一生懸命に働いているのをみて育ってきた。働いている時の父の顔はとても怖かった。とても神経がピリピリしているのが伝わってくる思いだったけど、でもその働いている父の姿には生気がみなぎっていて何か感動するものがあった。近ずけなかった。私は、そのような両親をみ