2022年2月11日 ディボーション

マルコの福音書 13章


 恐怖や興奮でドキドキはらはらするような緊張感が私は苦手だ。子どもの頃は、遊園地のお化け屋敷やローラーコースターが大嫌いだった。自分が完全な受け身の状態に置かれると、強い不安に襲われる。

 人生も同じだと思う。

 何の前触れもなく思いがけない出来事に遭遇すると、落ち着きを失いびっくりする。けれども、事態に先立ってあらかじめ告げ知らされていたなら、環境や態勢を整えられる。心積もりをして準備することで、物事への対処の仕方が明らかに違ってくる。


 この13章でイエス様は、これから先に起こることを予告してくださっている。

 まず、神殿の崩壊、偽預言者の出現、戦争、地震、飢饉、憎悪が起こり、次に、これらの苦難に続いて天体が揺れ動き、イエス様が来られる。

そのとき、人の子は御使いたちを遣わし、地の果てから天の果てまで、選ばれた者たちを四方から集めます。」(27節)

 選ばれた者たちとは、クリスチャンファミリー全員を指すのだろうか。そうであってほしい。

 そして、天地が消え去る。

天地は消え去ります。しかし、わたしのことばは決して消え去ることがありません。ただし、その日、その時がいつなのかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。父だけが知っておられます。」(31節)


 大きな変化が起こるとき、緊張や不安を覚える。しかし、イエス様は私たちを怖がらせているのではない。その時になって慌てふためき、うろたえることのないよう、しっかり準備して待つようにと勧告してくださっている。

人に惑わされないように気をつけなさい。」(5節)

うろたえてはいけません。」(7節)

前もって心配するのはやめなさい。」(11節)

最後まで耐え忍ぶ人は救われます。」(13節)

いちじくの木から教訓を学びなさい。」(28節)

気をつけて、目を覚ましていなさい。」(33節)


 人生は、神様との共同作業。

 イエス様は、私たちにメッセージを送ってくださる。では、私たちは何をすればよいのだろう。何を準備してその時を待てばよいのだろう。

 聖書の教えを生活の中で実践することではないだろうか。悔い改めて福音を信じること、主を愛し、隣人を愛すること、悪を避けること、謙遜であること、人に仕え与える者であること、絶えず祈る者であること。イエス様がそうであったように。

 受け身ではなく、能動的に働きかける者の内に、神様は力を注いでくださる。

あなたがたが私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことを行いなさい。そうすれば、平和の神があなたがたとともにいてくださいます。」(ピリピ4章9節)


 お化け屋敷は怖いけれど、イエス様と二人三脚で歩む道のりなら怖くない。心騒がせる必要はない。私たち神の家族は、ひるまない。


祈り:

 愛するイエス様、いつも私たちと共にいてくださり感謝します。あなたと一緒に歩めることが大きな喜びです。あなたが再び地上に来られる時、すぐに従って行動できる者になれますように。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

箴言14章 『主を恐れること』 14章1節から25節は、主を恐れる者と、そうでない者との対比が書かれている。イエスに出会う前、いや信仰を持った今でさえ、自分はいかに愚かであるかを痛感させられる。特に1節の「知恵のある女は家を建て、愚かな女は自分の手でこれを壊す。」は、離婚歴のある自分には、何度読んでも心が痛む箇所である。新しい新改訳聖書の訳はとても優しいが、自分が初めて読んだ共同訳聖書は、こう訳し

箴言14章 箴言には「わが子よ」で始まる節が多い。神さまはいつも「わが子よ」と私たちを呼び、知恵を授けてくださる。牧師先生が、「物には買うと取扱説明書がついてくるが人間についてこない」、とおっしゃったことがある。箴言は私たち人間の取扱説明書の一部だ。感謝です。 この知恵の書には反対語が多く使われている。14章も「知恵のある女」と「愚かな女」で始まる。 昔、学校で”時間”の反対語は”空間”である、と

箴言 13章 「知恵のある子は父の訓戒を聞き、嘲る者は叱責を聞かない。」1節 私の家は父と母が商売をしていた。小さい頃の思い出は、父と母が額に汗して一生懸命に働いているのをみて育ってきた。働いている時の父の顔はとても怖かった。とても神経がピリピリしているのが伝わってくる思いだったけど、でもその働いている父の姿には生気がみなぎっていて何か感動するものがあった。近ずけなかった。私は、そのような両親をみ