top of page
  • hccnichigo

2022年12月9日 ディボーション 

ローマ人への手紙 3章 関

 

 このローマ3章には「神の義」ということばが多く出てくる。「神の義」と聴いて、どんなイメージ、感覚を持つだろうか。

 義とは、正しさのことである。しかも「神の義」だから、それは絶対正義と言える。私たちは、神の絶対正義と言われると、思わず怖くなり下を向いてしまう。

 しかし、御言葉は語っている。

「信じるすべての人に与えられる神の義」(22抜粋)

「神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いを通して、価なしに義と認められるからです。」(24) 

「神は、この方を、信仰によって受けるべき、血による宥めの捧げものとして公に示されました。ご自分の義を明らかにされるためです。」(25抜粋) 

 御言葉によれば、神の義は、十字架に公に示され、その神の義は、恵みとして与えられるものなのだという。私たちが、努力や修養をして到達、獲得するものではないのだ。

 神の義とは、人を裁くための義ではなく、人を救うための義だということだ。

 

 それに対して人間の義は、多くの場合、自己防衛や自己正当化のためにある。そのためには、他者を悪としたり、批判したり、裁くことをする。人間の義とは、自己中心的であり、相対的なものである。ましてや、自分の義を絶対化するとき、そこには争いと分裂が起こってくる。

 御言葉には「義人は、いない。一人もいない。」(10抜粋)と記されている。その通りだ。義なる方は、神だけである。

 

「私の義」ではなく、「神の義」に生きる者でありたいと心から願う。しかし、自分は「神の義」と言いながら、いつの間にか、それを「自分の義」にすり替えてしまうことがある。

 そこは、結ばれる実は一目瞭然だ。どんなに自分は正しいと思っていても、そこに分裂、争い、不一致という実が結ばれるなら、その正しさは、真の神の義ではなく、神の義を自分の義にすり替えて利用することによって結ばれる実だ。

 神の義とは、人を義と認め、救う義なのだ。すなわち、神の義とは、神の愛なのだ。この十字架のイエスに示された神の義に生きる者でありたいと心から願う。

 

 天の父なる神さま

 あなたの義を感謝します。かつては、あなたの義を恐れていました。しかし、今は あなたの義は、喜びと平安をもたらすものとなりました。

 どうか、神の義に生きる者でありますように。「義人はいない。一人もいない」ということを忘れることがありませんように。私たちの義が、人を活かす義となりますように。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page