top of page
  • hccnichigo

2022年12月23日 ディボーション

ダニエル書 1章


 預言書であるダニエル書ですが、霊的、そして信仰的な生活にも注目されています。


 肉と酒をとらずに、野菜と水だけで過ごしたダニエル。それでも10日後、顔色、健康共に優れていたと書かれてあります(15節) 。

 食べたい物を食べ、たまに、あー食べてしまった。やってしまった。と思うことがあります。このダニエルよりも弱い心は、私にとって罪の一つの部分です。10日間の野菜と水生活、私も是非挑戦しようかと思います。


1:19、20

「王が彼らと話してみると、全ての者の中で誰でもダニエル、ハナンヤ、ミシャエル、アザルヤに並ぶものはいなかった。そこで4人は王に仕えることになった。王は、知恵と悟りに関わる事柄を彼らに尋ねたが、彼らがその全てにおいて、国中のどんな呪法師、呪文師よりも10倍もまさっていることが明らかになった。」


 この御言葉を読んで、ダニエルに与えられた知恵は凄いものだと分かります。


1:17

「神はこの4人の少年に、知識と、あらゆる文学を理解する力と、知恵を授けられた。ダニエルは、すべての幻と夢とを解くことができた。」


 私は今回与えられた聖書箇所を通して、王宮を今の教会として考えてみました。私たちは神によって選ばれ、知識と、力と、知恵を与えられた者、ダニエルです。神から与えられた力、貴方から愛されている私たち。そして、私の周りにいる兄弟姉妹を心から感謝します。弱い心に支配されてしまう私たちをどうか強い心に変えてください。そして私たちの信仰も、ダニエルのように強いものに成長していけるよう、貴方が変えてください。アーメン。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2023年1月3日 ディボーション

ダニエル書12章 『終わりの時』森 宗孝 ダニエルの見た幻を夜空に輝く星と解く、その心は、星の輝きは皆同じように見えるが、それぞれの光は何千光年から何億光年前の光で、私たちの目には距離は見えずに同じように輝いている。ダニエルも幻を見ても、それがいつの時代の幻か判らなかったと思う。そのようにしてダニエルは捕囚の地でエルサレムに戻る時が70年であることを知り、やがてペルシャに代わってギリシャが台頭する

2023年1月2日 ディボーション

ダニエル書11章 『信仰に立つ』 アイゾン直子 聖なる御使いによるメッセージが続いています。今章の中心は、南(エジプト)の王と、北(シリア)の王による争いについてです。特に、平和同盟を結ぼうと嫁がせた南の王の娘、そしてその子どもが、北の王の前妻に暗殺されて以降は、し烈を極めます(6‐21)(Wikipedia, Barennice Syria参照)。 戦いは、最終的には、北側が優勢となります。そし

2023年1月1日 ディボーション

ダニエル書10章 『特別に愛されている人ダニエル』 ダニエル書の終わりが近づいてきた。 ダニエルは3週間も喪に服し、断食をして神の御心をもとめていたが何のことばも語られなかったのである。それでもダニエルは祈り続けたのである。何も求めずにただひたすらに信じて祈り続けることが、神に特別に愛されることではないでしょうか。 ダニエルは再び幻を見ることになる。しかも今までと違って大きな幻と記されている。その

ความคิดเห็น


bottom of page