top of page
  • hccnichigo

2022年12月18日 ディボーション

ローマ人への手紙12章


 自分がクリスチャンになる前は、12章の聖句に述べられていることとは全くと言っていいほどかけ離れた生き方をしていた。自分に意地悪した人を憎み、許すことができないでいた。また、意地悪した人が自分と同じように意地悪されたら心のなかでは手を叩いて喜んでいる自分だった。自分より優れた者を素直に受け入ることができずに、その人に対して闘志を燃やして競う自分であった。他者と平和を保つということが、相手のいいなりになっていれば他者との平和を保つことができると思っていた。かなり無理して常に自分を偽った生活をしていた。とても苦しくて心の中がボロボロで疲れ切っていた。もし、イエス・キリストに出会うことがなかったら、今も暗闇のなかにいて偽りの生活を送っていたことだろう。イエスさま、心から感謝します。


 先に救われた私たちが救われた喜びを他者にも宣べ伝えていかなければ、未信者の人々は聞くことができないのです。パウロは、10章14節で述べています。「しかし、信じたことのない方を、どのようにして呼びもとめるのでしょうか。聞いたことのない方を、どのようにして信じるのでしょうか。宣べ伝える人がいなければ、どのようにして聞くのでしょうか。」それぞれに与えられた賜物をとおして、神の為に働くことこそ

神に喜ばれる礼拝をささげることではないだろうか。


 パウロは、6~8節で7つの賜物を述べている。預言、奉仕、教える、勧める、分け与える、指導、慈善の7つである。以前に教会で自分の賜物探しのクラスを受けたことがある。自分はどの賜物に適しているかを見つけるために、いくつかの問題に答えて、答えた数の合計によって7つの賜物どれかに当てはまるということだった。とても興味深いものであった。各自に与えられた賜物を聖なる生きたものに変えていただき、それを神に喜んでいただける礼拝が私たちの教会生活における大切なことではないだろうかと思います。



愛する父なる神さま。あなたの恵みによって救われ、他者を愛することができ、祈り、祝福をすることができ、許すことができるように導いてくださって心から感謝しています。いだきました恵みを多くの人々に宣べ伝えていくことができますように用いてください。感謝して主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page