top of page
  • hccnichigo

2022年12月1日 ディボーション

2022年12月1日 ディボーション


エゼキエル書43章  


「神殿のすべての掟、すべての構造、すべてのおしえ」


 霊によって引き上げられたエゼキエルは、主の栄光が神殿に満ちている光景を目にした。それは、エゼキエルが1章で見たケバル川のほとりでの栄光に輝く幻のようであった。そして、神殿の中からエゼキエルに語りかけるのを聞いた。

 主なる神は、7節(一部抜粋)で、「人の子よ。ここはわたしの玉座のある場所、わたしの足の踏む場所、わたしが永遠にイスラエルの子らの中で住む場所である。イスラエルの家は、その民もその王たちも、もう二度と、淫行や高き所の王たちの死体で、わたしの聖なる名を汚さない。」と語られている。

 さらに、神は、エゼキエルに10節(一部抜粋)で、「イスラエルの家が自分たちの不義によって辱められるため、彼らに神殿を示し、彼らにその模型を測らせよ。」と言われたのである。

 それは、イスラエルの民が二度と同じ過ちを繰り返さないためである。


 そして、主は、12節(一部抜粋)で「神殿に関するおしえは、山の頂の周囲全体は最も聖なる所である。」と語られている。私も昔高い山に登ったことがあるけど、たしかにそこはとても空気が澄んでいて、まるでこの世でないもののような神聖なる気配が漂っている感じがしたことを覚えている。ほとんどの仏教も山の頂に祭られているのは、根本的には聖書からきたものではないだろうかと考えさせられる。

 祭壇についてのおしえも厳しく述べられているのである。祭壇に全焼のいけにえと、罪のきよめのささげ物をささげ続けるということに対して疑問が生じた。イスラエルの罪はさばかれ、主の栄光は神殿にもどったのになぜ祭壇に全焼のいけにえと、罪のきよめのささげ物をささげ続けなければならないのだろうか。調べてみると、それは、きよめの生涯の象徴だということである。私たちクリスチャンの罪は、イエス・キリストの十字架の血潮によって赦されました。それゆえに全焼のいけにえや、きよめのささげ物をしなくていいのである。感謝なことである。


 「神へのいけにえは 砕かれた霊。打たれ 砕かれた心。神よ あなたはそれを蔑まれません。」詩篇51:17



祈り

愛する天の父なる神さま。今日のみことばを心から感謝します。私たちクリスチャンは、砕かれた、悔いた心をもって御前におささげします。感謝し、委ねて、主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comentarios


bottom of page