top of page
  • hccnichigo

2022年11月7日 ディボーション

エゼキエル書19章


『与えられた恵み』 byアイゾン直子


 君主たちへの哀歌と題されるこの章は、主の目に悪であることを行ったユダの王たちに下る、神のさばきについての悲しみの預言となっています。エゼキエルは、たとえを用いて神のことばを伝えています(解釈について「NIV Life Application Bible Study」参照)。

 雌獅子とは、ユダ王国のことだそうです。善王であったヨシア王が殺された後、ユダ王国(雌獅子)は、ヨシア王の三男エホヤハズ(子獅子)を王とします。しかし彼は、主の目に悪であることを行う王でした(2列王23:31‐34)。彼はその悪行によって捕らえられ、エジプトへと連行されました(3‐4)。

 次に出て来る、「ほかの子獅子」(5節抜粋)ですが、これは、ヨシア王の孫となるエホヤキン王、または、エルサレム最後の王ゼデキヤという2つの解釈があるようです。これを、エホヤキンと解釈するなら、第2回バビロン捕囚の時代となり、過去のことについて語っている、ということになります。しかしゼデキヤと解釈するなら、第3回バビロン捕囚の預言、ということになります。いずれにせよ、どちらの王も主の目に悪であることを行う王たちでした(2列王。24:8:16、2列王24:18‐20、25:1‐6)。また、どちらの王もバビロンへと連行されます(5‐9)。

 あなたの母、ぶどうの木、とたとえられているユダ王国は、豊かな国でありました。しかし、ゼデキヤ王(強い枝)の不信仰はもちろん、彼の行動は神のご計画に対する反逆でした。そのため彼は、神のさばきを受け、バビロン(東風)に連行されて行きます(2列王24:18‐20、25:1‐6)。


 ゼデキヤ王のバビロン捕囚は、ユダ王国にとって、王制の廃止を意味していました。王がいなくなったエルサレムは崩壊するしかないのです。これ以降、エレミヤの預言通り、70年にわたってイスラエルの民は離散の民となっていくのです。

 このように、イエス・キリストが与えられるまでの罪人には、神が直接さばきを下しました。罪の報酬は死、だったのです。しかし、御子イエスの十字架で流された血のささげものは、それまでの犠牲のささげものに優る「唯一のささげもの」として神に受け入れられ、これにより、主イエス・キリストが自分の罪のために死なれたこと、墓に葬られたこと、そして三日目によみがえられたことを信じるすべての人の罪は、赦されることとなりました。

罪の報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主イエス・キリストにある永遠のいのちです。」(ロマ6:23)


 イスラエルの民の行動は、今を生きるすべての人たちの行動を表していると思います。聖書は、現代を生きるすべての人へのラブレターです。彼らの歴史を学ぶことで、主とともに生きることの素晴らしさを知ることが出来ると思います。この聖書を、一人でも多くの方、特に、自分の家族と分かち合うことが出来るよう、引き続き、祈っていきたいと思います。

祈り:愛する天のお父さま。イスラエルの民の歴史を通して、今すべきことを学ぶことができましたことを、感謝いたします。一人でも多くの方に、あなたの福音を伝えることができますよう、どうぞ導き、用いてくださいますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page