top of page
  • hccnichigo

2022年11月21日 ディボーション

エゼキエル書33章 

  

『みことばを実行する信仰』 byアイゾン直子

 

 エゼキエルを通して語られたイスラエルの罪や(1~24章)諸外国の罪(25~32章)に対するさばきの預言は終わり、今章から39章にかけて、イスラエルの将来に対する希望のメッセージが始まります。

 神の都エルサレムが、バビロン軍によって陥落した今(エレミヤ39‐2)、主はここで新たにエゼキエルを、主の「見張り」(watchman)として立たせます。

 

 エゼキエルは、イスラエルの見張りとして、主より直接、召しを受けました。通常の見張りは、民の危機に際して角笛を鳴らして警告をする、という役目に与りますが、エゼキエルの場合は、主に立ち返るなら祝福があるが、逆らうならさばきが来ることの警告です。また、もしエゼキエルがこのことを知っていながら警告をしないなら、罪人は自身の罪のゆえに滅びますが、そのいのちの責任は、彼に問う、と言われました(1‐9)。

 

 これらの節から、福音を与る者としての責任の重さについて、深く考えさせられました。主に立ち返らない人たちが、どのような道をたどるのかを知っていながら、そのことを伝えないなら、その責任はあなたに問う、と言われるのです。神に愛され、罪赦されたことは、恵みです。しかし、その恵みに与っていない人のほうが、圧倒的に多いことを忘れてはいけないのだと気づかされます。

 

「私が福音を宣べ伝えても、私の誇りにはなりません。そうせずにはいられないのです。福音を宣べ伝えないなら、私はわざわいです。」(コリント第一9:16)

 

 次に、場面は捕囚地です。捕囚の民は、エルサレム陥落のニュースを聞き、自分たちの罪のゆえに、このような仕打ちにあったのだ、と嘆いていました。彼らに対して主は、「わたしは決して悪しき者の死を喜ばない。悪しき者がその道から立ち返り、生きることを喜ぶ。立ち返れ。悪の道から立ち返れ。イスラエルの家よ、なぜ、あなたは死のうとするのか。」(11抜粋)と言われました。

 

 生きたい、と願うなら、神との和解が必要になります。神こそが絶対的に正しいお方であり、自分は、すべてにおいて罪深いことを認めなければなりません。そのように悔い改め、神に従って生きることを選ぶなら、犯した罪について神は何一つ覚えず、恵みをもって生かしてくださいます。

 しかし、そのような主のことばにも、「主の道は公正ではない」と言ったのがイスラエルの民でした。そこで主は、「わたしはあなたがたを、それぞれの生き方によってさばく。」と言われました(12‐20)。これは、黙示録の預言とも一致しています(黙示録20:12‐13)。つまり、神に立ち返ることをしない者へのさばきは、昔も今も、そしてこれからも、変わらないのです。

 

 これら、エゼキエルを通して語られた希望のメッセージは、残念ながら、この時代の民の耳には届きませんでした。崩壊したエルサレムに住む民たちは、悔い改めるどころか、アブラハムを持ち出して、その土地の所有権を求めました。


 これらの民をご覧になった主は、エルサレム崩壊が現実になったことで、エゼキエルの人気は高まり、彼から神の話を聞こうと、大勢が群れをなして来るようになるが、彼らにとってそれは、音楽に合わせて美しく歌う恋の歌のようであり、あなたのことばを聞いてはいるが、それを実行しようとはしない、と言われました。(24‐33)

 

 耳が痛くなる神のことばです。自分に都合のいい所は聞くが、耳の痛い所は聞き流そうとする自分が示される思いです。神は、信者に内住する聖霊を通して、実行すべきことを直接語っておられる、と言います。しかしそれらは、往々にして、実行しにくい、しづらい、またはしたくない、事柄であると言います。なぜなら、それは弱さであったり、手放せないもの/ことだったりするからです。

 

祈り:愛する天のお父さま。あなたの声を聞いて、実行する者とさせてください。もし、躊躇してしまう心があるなら、どうかその弱さをあなたに委ね、新しい一歩を踏み出す力が与えられますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page