top of page
  • hccnichigo

2022年11月20日 ディボーション

エゼキエル書32章


「エジプトの最後の裁き」


 神である主は、エゼキエルをとおしてエジプトの王ファラオについて哀歌を唱えて彼に言えと述べられている。いよいよエジプトへの最後の裁きが述べられている。28章でファラオは自分のことを、「私は神だ。海の真ん中で神の座に着いている。」と語り、29章では、「川は私のもの。私がこれを造ったのだ」と語り、32章では、「自分を国々の若獅子だと思っている。」と語っている。真の神を知らない者の神への冒涜である。これらの傲慢こそ神に罰せられ、裁かれることになったのである。


 ファラオは自分自身を国々の若獅子だと思っているが、神からいわせると、それは川の中で暴れ回る水中の巨獣(わにと訳されている)だと言われている。あえていうと、主なる神に敵対する怪獣と言われている。それゆえ、神は、3節から8節で裁きの預言を述べているのである。水中のわにを網で捕らえ、野に投げ捨て、地上の獣に食べて満腹させて、あなたの肉を山々に捨て、あなたの屍で谷を満たし、あなたから流れ出た血を山々に注ぎ、谷川もあなたの地で満たされる。そして、天体が光を失ってエジプトの地を闇で覆うということが述べられている。恐ろしい光景である。


 主なる神が、「人の子よ。エジプトの王ファラオについて哀歌を唱えて彼に言え。」と言われているのは、解説者によると、バビロン捕囚となっているユダの民に向かって、主の裁きの言葉がエジプトの上に成就して、この言葉を語られたお方が主なる神であられることを、ユダの民が知るためだと記されているのである。そして、エゼキエルの哀歌を聴いている捕囚の民が、主の御言葉に耳を傾け、悔い改めて心から主の導きに従うなら、イスラエルの民を神の選びの民として、イスラエルを再建させてくださるということである。



天の父なる神さま。今日の御言葉を感謝します。エゼキエルを通されて預言されたことは、イスラエルの民にだけではなく私達にも語られているということが示されました。御言葉に聴き従っていくことができますように

導いてください。感謝し、お委ねして、主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page