top of page
  • hccnichigo

2022年11月16日 ディボーション

エゼキエル書28章 Marc今村

“Let’s Keep our Faith in God!”

 エゼキエル書28章は、エゼキエル書25章から始まった、イスラエルを取り囲む国々に対する神の預言の続きである。エゼキエル25章は、アンモン、モアブ、シエル、エドム、ペリシテの国々に対する預言であった。

 しかし、エゼキエルはエゼキエル26章からエゼキエル28章まで、ツロという国に対する裁きの宣告を数多く記している。しかし、エゼキエル28章では、特にツロの王子(1-10節)と王(11-19節)に対して預言がなされている。

 独立国ツロは、エゼキエルがバビロン捕囚の地から預言した時代には、多くの経済的繁栄を享受していた港町であった。ツロは、貿易の中心地という位置づけから、巨大な商業帝国としての地位を築いていたのだ。

 その他、杉材の販売、ムレックスの殻で染めた織物、奴隷貿易などがツロの富の要因であった。ツロはアッシリア帝国の拡張の最盛期にも、貢物を納めることで独立を保っていたと歴史家は考えている。

 その経済的な繁栄から、ツロの王子は自らを神であると宣言した(2節)。また、ダニエルよりも賢いと宣言した(この人物は、ダニエル書に登場するダニエルとは別人である可能性が高い)。しかし、ツロの王子は自分を神と見なしたので、唯一の真の神は、ツロの偽りの神々は、外国人に殺されると宣言されたのである。ツロの王については、神は、王をその王座に就かせたのは神であると宣言している(14節)。神は、かつて彼を罪のない者と見ておられたが(15節)、貿易によって得た富が彼を堕落させ(16節)、そのためツロの王にも裁きが下ることになったのだ。歴史上、ツロは13年間の長い包囲の後、バビロン帝国の王、ネブカドネザルの手に落ちた。 

 だからこそ、イエスは教えられたのだろう。「もう一度あなたがたに言います。金持ちが神の国に入るよりは、らくだが針の穴を通るほうが易しいのです。」(マタイ19:24,新改訳2017)。

 実際のところ、誰もが生きていくためにお金を必要としてる。食べ物や生活に必要なものを購入するためには、お金が必要である。さらに、神は私たちにお金が悪いものだと教えてはいない。使徒パウロが教えているのは、「金銭を愛することは、あらゆる悪の根源であるから」(1テモテ6:10)である。    

 私たちは皆、お金を必要としてる。しかし、今日でも、お金が有り余っている人が、いろいろと不道徳なことをしているのを見かけることがある。ツロの王子のように、豊かなお金に魅了された多くの人々は、自分の心の中の神が小さな神々になってしまうのだ。

 このような人々は、神を必要としないので、神のことを考えもしない。富とお金があれば、自分が必要とするものはすべて手に入ると考えているのだ。このような人々は、神ではなく、お金にすべての信頼を置いている。だからイエスは、お金持ちが天国に行くのはほとんど不可能だと言われたのだ。

 しかしイエスは、私たち全員を愛しておられる。金持ちも貧乏人も愛しておられる。ラクダと針の話の後で、イエスはこう宣言された。「人間には不可能であるが、神には万事が可能である。神は昨日も今日も同じである。」

 ツロを批難した神は、今日もなお神である。神は、自分を小さな神と見なす金持ちの自己中心的なプライドを今もなお憎んでおられる。なぜなら、彼らは神が貧しい者にも富める者にも与えてくださるという事実を無視しているからだ。神は存在するものすべてを創造された(ヨハネ1:3)。

 豊かなお金は、神の備えを金持ちに預けただけなのだ。もし私たちが、すべてのものは確かに神から来ることを認め、神を否定する罪から立ち返ることができれば、金持ちも貧乏人もみんな救われる。イエスの血は、神の怒りを遠ざけるものだから。私たちは自分の力ではこれを行うことはできない。しかし神は、神が自ら捧げた犠牲を通して、それを可能にしてくださったのだ。私たちは、私たちのために十字架の上で罪のために死んでくださっただけでなく、私たちとこれまでに存在したすべてのものを創造し、支え続けてくださったイエス・キリストに信仰を置かなければならないのだ(ヨハネ1:3、ヘブライ1:3)。

 父なる神さま、今日の御言葉を感謝します。あなた、そしてあなただけが神です。あなたは宇宙を創造し、それを支え続けています。私たちは、あなたなしでは本当に何もできません。私たちが存在するのは、あなたが私たちを創ったからです。

 今日、この真理を私たちに照らしてくださって、ありがとうございます。私たちの人生のすべての日々を忘れることがないように助けてください。私たちの目をあなただけに向けることができるように助けてください。ありがとうございます。お父さま、私たちはお父さまを愛しています。In Jesus’ Name we pray, amen.

Ezekiel 28 continues God’s oracles against the nations that surrounded Israel that started in Ezekiel 25. Ezekiel 25 was against the nations of Ammon, Moab, Sier, Edom, and Philistia. However, Ezekiel delivered many oracles of judgment against the nation of Tyre beginning in Ezekiel 26 and continuing until Ezekiel 28. The oracles against Tyre in chapters 26 and 27 were against the nation of Tyre. In Ezekiel 28, however, prophecies were made specifically against Tyre’s prince (v.1-10), and king (11-19). The independent nation Tyre was a port city that experienced a lot of financial prosperity in the days that Ezekiel prophesied from his captivity in Babylon. Tyre had the position of being a huge commercial Empire because of its position of being a center of trade. Other contributing factors to Tyre’s wealth were the sale of cedar wood, textiles dyed from murex shells, and the slave trade. Historians believe that Tyre was able to maintain its independence even at the peak of the Assyrian empire expansions by paying tributes. Because of Tyre’s economic prosperity, its prince declared himself to be a god (v.2). He also declared himself to be wiser than Daniel (This person is likely not the same Daniel as in the book of Daniel). However, because Tyre’s prince saw himself to be a god, the one true God declared that the false god of Tyre would be slain by foreigners. As to the king of Tyre, God declares that it was He who placed the king of Tyre on his throne (v.14). Although God once saw him as blameless (v.15), the wealth that he gained from trade corrupted him (v.16). Because of this, judgment will fall on Tyre’s king also. Historically, Tyre fell to Nebuchadnezzar after a long 13-year siege.

Throughout history, people have continued to be corrupted by their wealth. Many people throughout history have fallen as a result of misusing their wealth. Maybe this is why Jesus taught: “it is easier for a camel to go through the eye of a needle than for a rich person to enter the kingdom of God” (Matthew 19:24). The truth of the matter is that everyone needs money to survive. We need money to purchase food and other essentials for living. Furthermore, God does not teach us that money is a bad thing. What the apostle Paul teaches us is “for the love of money is a root of all kinds of evils) (1 Timothy 6:10). We all need money. However, even today, we see people who have an overabundance of money do all sorts of ungodly things. Like the prince of Tyre, many people who are mesmerized by the overabundance of money become little gods in their own minds. Typically, these people do not even think of God because they feel that they have no need for God. Their wealth and money provide everything that they believe they need. These people have placed all of their faith in money, not God. This is why Jesus said it is nearly impossible for rich people to go to heaven.

Jesus, however, loves all of us. He loves both the rich and the poor. Following His conversation about the camel and needle, Jesus declared: “With man this is impossible, but with God all things are possible.” God is the same today as He was yesterday. The same God that condemned Tyre is still God today. God still hates the self-reliant pride of the rich that sees themselves as little gods. He hates this because they ignore the fact that God provides for both the poor and the rich. God created everything that exists (John 1:3). An overabundance of money simply allowed God’s provision to accumulate with the rich. If we can acknowledge that everything indeed comes from God and turn away from our sin of denying God, rich and poor can all be saved. The blood of Jesus turns away God’s wrath. We cannot do this on our own. But with God, through the sacrifice that He provided on His own, He makes it possible. We must place our faith in Jesus Christ, who not only died for us on the cross for our sins, but also created, and continues to sustain us and everything that ever existed (John 1:3, Hebrews 1:3).

Thank You, Father, for today’s Word. You, and You alone are God. You created the universe, and You continue to sustain it. We truly can do nothing without You. We exist because You created us. Thank you for illuminating this truth to us today. Please help us never forget all the days of our lives. Help us to keep our eyes only on You. Thank You, Father. We love You, Father. In Jesus’ Name we pray, amen.


閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page