top of page
  • HCCnichigo

2022年11月14日 ディボーション

エゼキエル書26章


『ツロのさばきから学ぶ』 byアイゾン直子

 

 ツロに対する預言の章が始まりました。ツロは、ダビデやソロモンの時代に、王宮や神殿建設のための杉材や、木工、石工を送った小さな都市です。ツロの王ヒラムは、ダビデ、ソロモンとも親交がありました(2サムエル5:11、1列王記5:1‐10)。その頃のツロには、主への信仰がありました。

 

 しかし、ソロモン王亡き後、イスラエルは分裂し、主への信仰は失われていきます。ツロもその影響を受け、主から離れていきました。信仰によって与えられた富や繁栄でしたが、巨大な商業都市となった小さな港町ツロは、ますます強欲になっていったようです(牧師の書斎参照)。その傲慢さ加減は、エルサレムの崩壊を目にして、悲しむどころか、嘲笑ったことからもわかります。(2節)

 

 恐れる神のいない世界は、人を踏み台にしてでも、欲しいものを手に入れようとする世界です。そこには愛などありません。他人の不幸はまさしく、蜜の味、の世界です。ツロのように、与えられた恵みを分けることもせず、自らの繁栄だけを求めているなら、欲望が更なる欲望を生んで、エルサレムの滅びを喜ぶような者になります。

 

 エルサレムの崩壊を嘲笑ったツロは、主の敵となり、多くの国々から攻められるようになる、とエゼキエルは預言しています(3節)。このことは確かに成就しており、ツロは、アッシリアやエジプト、バビロン、マケドニアといった国々から攻撃を受けました。特に、バビロンのネブカドネツァルによる攻撃は、跡形もないほどの破壊となりました。主は、「わたしはおまえを裸岩とする。おまえは網干場となり、二度と建て直されない。」(14節抜粋)と言われた通り、現在のツロは、都市としての面影などなく、ローマ帝国時代の遺跡が残る町として残っているだけです(Wikipedia参照)。

 

 富や地位、名声、また権力を手に入れることは悪いことではありません。ソロモン王は、そのすべてを与えられました。また、アブラハム始め、ヨセフやモーセ、ダビデなどにも与えられました。しかし、それらが主による一方的な恵みであることを忘れ、神をないがしろにするなら、それらは取り上げられる、というのが旧約時代におけるパターンでもあるように思います。

 

 主の恵みによって与えられた祝福を、感謝を込めて主に帰すなら、祝福に祝福が増し加わると言います。この世で手にするすべてのものは、神からの預かりものであることを忘れず、感謝をささげ、他者と分かち合っていくなら、神はさらに、溢れるほどの恵みを与えてくださる、と言います。しかし、与えることも恵みなら、奪うこともまた、恵みであることを聖書は語ります。このことは、傲慢にならないための、大切な教えであると思います。

 

「私は裸で母の胎から出て来た。また裸でかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」(ヨブ記1:21)

 

 この節は、信仰に生きていたヨブの息子や娘たちが突然殺されたり、また自然による二次災害で彼らを失う、という凄まじい悲劇の後であっても、迷わず、彼が主にささげた祈りのことばです。普通なら、「どうしてこのようなことが!」と嘆き、呪うだろうと思います。神などいない、と信仰から離れていってしまうかもしれません。しかし、ヨブの信仰は全く揺るぎませんでした。彼は、神を恐れる者でした。与えられることも、奪われることも、神の主権によるものであり、どちらも恵みであることを理解していたのです。

 

 エゼキエル書を通して、きびしい神のさばきについて学んで来ていますが、傍観者であってはいけない、と思いました。民による主への背信を学びながら、自らの信仰を吟味する必要を迫られました。恵みを受けることばかりに集中していないだろうか、また逆に、与えることばかりに翻弄されていないだろうか。何が正しくて、何が間違っているのかではなく、恵みも祝福も神の主権であることを確認し、与えられたなら感謝して受け取り、取り去られても、神に委ねることで得られる平安に感謝する、そのような信仰生活を送れるよう、聖霊の満たしを日々求めたいと思います。

 

祈り:愛する天のお父さま。あなたの恵みと祝福は、私には測り知ることができません。でも、分からない、理解することができないことにも感謝します。なぜなら、今はわからないけど、理解できないけど、「その日」には、必ずあなたが私を完成させてくださるからです。私のすべてをお委ねします。どうぞ、導いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:42回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

bottom of page