top of page
  • hccnichigo

2022年11月11日 ディボーション

エゼキエル書 23章 関


 23章に描かれている二人の女、「オホラ」と「オホリバ」とは、北イスラエル王国と南ユダ王国のことである。北イスラエル王国は、BC722年にアッシリア帝国に滅ぼされ、南ユダ王国は、BC586年にバビロン帝国によって滅ぼされる。

 23章には、この滅亡の出来事と、その原因である偶像礼拝について書かれている。すでにエゼキエルによって繰り返し語られている、民の偶像礼拝の罪と、それに対する神の裁きが、この章にも記されている。

 

 最後の節の49節に「このとき、あなたがたは、わたしが神、主であることを知る。」と記されている。「このとき」とは、神の裁きがくだる、その時である。

 神の裁きの目的は、罪を犯した民に対して刑罰を下して苦しめるためではない。その目的は、「神を知る」ことである。

 神を知るとは、知識として知るということではなく、関係として知る、つまり体験的に知ることである。

 そこで、二つのことを知る。聖なる神の、罪に対する妥協なき厳しさと、罪を犯し続ける人間に対する、忍耐と愛を知る。神の厳しさは、神の愛である。神の愛は、神の厳しさである。

 その神の愛と厳しさは、イエスの十字架にはっきりと見ることができる。私たちは、イエスの十字架を通して、「神を知る」ことができるのだ。

 

 私たちは、優しい愛の言葉には耳が開くが、厳しい罪を指摘する言葉には耳が閉じやすい。神は、ある時には、どこまでも優しく語りかける。ある時には、ずばりと厳しいことを語りかける。

 どちらの語りかけも、「神を知る」ための語りかけなのだ。特に厳しいと感じる私たちの罪を指摘する示しも、「神を知る」ためなのだ。

 人生、いろいろな事があるが、すべての出来事は「神を知る」ためだと言っても過言ではないだろう。

 

 天の父なる神さま。

 今日も、私たちは、あなたに知られ、またあなたを知っていることを感謝します。しかし、あなたの偉大さは、私たちの頭の中に収まることはないことも知っています。どうか、これからもあなたをもっともっと知ることが出来るように導いてください。あなたを愛すること、あなたを畏れることを教えてください。

 あなたの御心を感謝します。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。


閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page