top of page
  • hccnichigo

2022年10月15日 ディボーション

使徒の働き24章


『死後、天の御国』


「また私は、正しい者も正しくない者も復活するという、この人たち自身も抱いている望みを、神に対して抱いています。」(15節)

 この聖句を読んで気がついた。ずっとパウロの伝道のようすをディボーションしてきたつもりだったけれど、私は大切な視点を見落としていた。「イエスさまの再臨と死者の復活、最後の審判」についてである。天の御国への期待である。

 パウロの伝道は、イエスさまのみことばや十字架と復活を語るだけでなく、人の死後の救いと来たるべき御国への希望を語り伝えるものだったのだろう。

 パウロの時代の人々の地上生活は厳しかった。戦争や迫害、病気や貧しさ、寿命だって今の半分くらいだ。争いも病も心配ごともない、永遠の命と喜びにあふれた天の御国こそが神さまのご計画。パウロは復活信仰こそを伝道した。

 使徒の働きを読み返してみたら、1章11節で天使が使徒たちに再臨を告げている。

「あなたがたを離れて天に上げられたこのイエスは、天に上って行くのをあなたがたが見たのと同じ有様で、またおいでになります。」

 昨日の23章6節でも、パウロは死後の復活を下記のように呼びかけている。

「私は死者の復活という望みのことで、さばきを受けているのです。」

 

 私は、私が死んだ後のことは神さまに全てゆだねているからと、再臨も復活も最後の審判も自分ごととして考えたことがなかった。地上の生活が恵まれていて、天の御国にこそ本当の幸せがあるという希望の実感が薄かった。

 私たちの歴史は超大国や独裁者によって進んでいるのではなく、神さまの導きのもとで、天の御国の完成へ至るのだ。

 自分の死後を神さままかせにして思考停止してしまうと、イエスさまの十字架の意味をも軽んじてしまうかもしれないと反省した。


 神さま、天の御国のご計画に向き合ってこなかった私をお赦しください。気づかせ、導いてくださってありがとうございます。

 いと高き天で、栄光が神にあるように。地の上で平和がみこころにかなう人々にあるように。(ルカ2:14)

 イエスさまのお名前で、感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Commentaires


bottom of page