top of page
  • hccnichigo

2022年10月1日 ディボーション

使徒の働き10章


『神さまを語るということ』


 大改革を迎えた。10章から11章まで、異邦人が初めて洗礼を受けたことの詳細が伝えられている。

 ユダヤ人のペテロにとって、異邦人は汚れた存在で近づくことなどあり得なかった。同胞の血が混ざるサマリア人でさえ犬猿の仲で拒み続けていた。

 長い分断を和解させるために、イエスさまは大胆かつ繊細に改革された。


 ローマから派遣されたイタリア隊はサマリアの港町、カイサリアに駐屯していた。その部隊の隊長がコルネリウス。コルネリウスはローマ人でありながら神さまに対して敬虔だった。

(聖書に出てくる百人隊長はなぜか皆、イエスさまに友好的だ)

 まず、コルネリウスに御使いがあらわれ、ペテロに会うように命じた。ペテロも幻を見た。「神がきよめた物を、あなたがきよくないと言ってはならない。」と、神さまは命じられた。

 二人に幻を見せて心の準備をさせてくださった神さま。特にペテロにとって、ハードルは高かったはずだ。でも聖霊さまに助けられながら、一大改革を従順に受け入れた。

 そしてペテロはコルネリウスの招きに応じて、サマリアの地に足を踏み入れ、ローマ人らに会いに行った。

 コルネリウスは、ペテロと会った瞬間、足元にひれ伏して拝んだ。イエスさまの使徒には特別な権威があると、軍人らしく敬服したのかもしれない。

「するとペテロは彼を起こして、「お立ちください。私も同じ人間です」と言った。」(26節)

 イエスさまによって救われた、同じ罪人。神さまのあわれみによって、福音を伝える使命をさずけられたしもべ。あがめられるべきは、ただ神さまのみだという自覚。


 先日の賛美チームのミーティングでも、「賛美奉仕で壇上に上がったとしても、まず礼拝者であること。神に仕える、会衆に仕える者であることを忘れないで」と、パスターは話してくれた。


 27節から29節は私にとって、とても新鮮で、大きな学びだった。

 ペテロはコルネリウスに招かれたゲストだ。集まったローマ人とは初対面。普通なら主催者であるコルネリウスが会衆にペテロを紹介して、どんないきさつで来てもらったのかを説明し、いよいよペテロのスピーチが始まる、という段取りのはずだ。

 ところが紹介も前フリもなしに、ペテロは自ら語り出した。「ユダヤ人は本来、異邦人と交わらないおきてがある。でも神さまはペテロに、どんな人もきよくないとか、汚れていると言ってはなりませんと示された。だから、ためらいなくここに来ました」と。

 イエスさまの証人としての伝道は、誰かにお膳立てされてするものではない。神さまを語らずにはいられない霊的な率直さは、神さまからの恵み。だから躊躇することなく、自ら語るのだ。語る者も、聞く者も、神さまの御心を受け取るための聖なる行為なのだから。

 

 神さま、ディボーションをするだけでも躊躇する自分がいます。拙い裸の心を吐露すると、どう思われるのか気にする自分がいます。ペテロは異邦人の初対面の人にさえ、神さまを信じて神さまを語りました。神さまを信じて語れば、神さまを信じる友は聞いてくれていることを、今さらながら受け取ることができました。ありがとう神さま、感謝します。

 イエスさまのお名前で感謝を捧げます。アーメン

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Kommentare


bottom of page