2022年1月9日 ディボーション

詩篇第五巻 130篇


 詩篇130篇は宗教改革で有名なマルティンルターや、聖化を重視したジョンウエスレ-達

にも愛された詩篇だと言われている。なぜなら、それはこの歌が旧約の時代から「豊かな贖いがある」ことを明確に示しているからではないかと言われている。ルターは、この詩篇130篇をもとにして賛美歌258番「貴きみかみよ、」を創作している。ちなみに「神はわがやぐら」と共に、宗教改革から生まれたルターの不朽の作品と言われている。


 詩篇130篇は、バビロン捕囚から帰還して神殿を建て直して礼拝を回復した喜びの歌と異なって、深い淵から主を呼び求める罪の悔い改めの叫びである。作者はどんな深みの淵に入ろうとも、神は聞いて下さるお方であるということを知って呼び求めたのである。


 そして5節では主を待ち望み、最後の6節以降で豊かな贖いで結んでいる。主を呼び求めること、それは自分に不義がある立場であっても謙遜になり主を呼び求めていけば主が、赦してくださるということである。主を呼び求めたら、次は主を待ち望むのだ。今風にいえば、夜勤の警備員が夜明けを心細く待つというのではなく、それにまさって主を待ち望むということである。つまり作者は、主によって希望に満ちた夜明けは必ずくると信じて主を待ち望んだのだ。作者は、主を呼び求め、主を待ち望んで祈ったら7節のみことばを悟ったのである。

「主には恵みがあり 豊かな贖いがある。」一部抜粋 


 豊かな贖い、それこそ新約のイエス様の十字架である。そこを、マルチンルターとジョン

ウエスレーが示していたことではないだろうか。私達クリスチャンも決して忘れてはいけないイエス様の十字架、そこに私達の罪の赦し、恵み、贖いがあるのだ。この作者が深い淵から主を呼び求めるように私達もどんな時にも主を呼び求めていくことである。どのような深い淵にいても神に届かないことはなに一つもない。神はすべてをできるお方だから。アーメン


マルティンルターの作詞、作曲した不朽の作品、賛美歌258番「貴きみかみよ」一番のみ


貴きみかみよ  悩みの淵より


よばわるわが身を かえりみたまえや。


み赦しうけずば きびしき審きに


たれかは堪うべき  


祈り

ハレルヤ!主を賛美します。

神様、あなたの恵み、豊かなイエス様の贖いを心から感謝します。今日もこれからもずっとそのことを覚えて祈っていくことができますように。主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方