top of page
  • hccnichigo

2022年1月9日 ディボーション

詩篇第五巻 130篇


 詩篇130篇は宗教改革で有名なマルティンルターや、聖化を重視したジョンウエスレ-達

にも愛された詩篇だと言われている。なぜなら、それはこの歌が旧約の時代から「豊かな贖いがある」ことを明確に示しているからではないかと言われている。ルターは、この詩篇130篇をもとにして賛美歌258番「貴きみかみよ、」を創作している。ちなみに「神はわがやぐら」と共に、宗教改革から生まれたルターの不朽の作品と言われている。


 詩篇130篇は、バビロン捕囚から帰還して神殿を建て直して礼拝を回復した喜びの歌と異なって、深い淵から主を呼び求める罪の悔い改めの叫びである。作者はどんな深みの淵に入ろうとも、神は聞いて下さるお方であるということを知って呼び求めたのである。


 そして5節では主を待ち望み、最後の6節以降で豊かな贖いで結んでいる。主を呼び求めること、それは自分に不義がある立場であっても謙遜になり主を呼び求めていけば主が、赦してくださるということである。主を呼び求めたら、次は主を待ち望むのだ。今風にいえば、夜勤の警備員が夜明けを心細く待つというのではなく、それにまさって主を待ち望むということである。つまり作者は、主によって希望に満ちた夜明けは必ずくると信じて主を待ち望んだのだ。作者は、主を呼び求め、主を待ち望んで祈ったら7節のみことばを悟ったのである。

「主には恵みがあり 豊かな贖いがある。」一部抜粋 


 豊かな贖い、それこそ新約のイエス様の十字架である。そこを、マルチンルターとジョン

ウエスレーが示していたことではないだろうか。私達クリスチャンも決して忘れてはいけないイエス様の十字架、そこに私達の罪の赦し、恵み、贖いがあるのだ。この作者が深い淵から主を呼び求めるように私達もどんな時にも主を呼び求めていくことである。どのような深い淵にいても神に届かないことはなに一つもない。神はすべてをできるお方だから。アーメン


マルティンルターの作詞、作曲した不朽の作品、賛美歌258番「貴きみかみよ」一番のみ


貴きみかみよ  悩みの淵より


よばわるわが身を かえりみたまえや。


み赦しうけずば きびしき審きに


たれかは堪うべき  


祈り

ハレルヤ!主を賛美します。

神様、あなたの恵み、豊かなイエス様の贖いを心から感謝します。今日もこれからもずっとそのことを覚えて祈っていくことができますように。主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page