2022年1月5日 ディボーション

詩篇第五巻 126篇


『都上りの歌』


「涙とともに種を蒔く者は喜び叫びながら刈り取る。種入れを抱え 泣きながら出て行

く者は 束を抱え 喜び叫びながら帰ってくる。」(5~6節)


 ネゲブの川はイスラエの南に位置する砂漠の中に雨季に現れる川。私の心に主の恵み

と言う川の水が溢れ流れる時、心は満たされて活力がみなぎる。それでは心がネゲブの

川の乾季のようにカラカラだとどうなるか。肉の世界の悪き言葉が少しずつ堆積して思

わぬ方向に心を動かされてしまう。

 この詩篇の作者はバビロン捕囚から戻って、シオンの山に登っていく時の気持ちを

表現している。捕囚の民は全員戻ってきたわけではなく、長く住み慣れた異国の地に留

まると言う選択をする民もいた。そんな兄弟姉妹との別れが背景にある歌。

 ネゲブの川に流れる豊かな流れの如く、多くの民が共にシオンの神殿に向かう様を作

者は願ったのであろう。バビロンから帰還しない人々は肉の思いだけで考えたら単なる

不信仰な人々で終わってしまう。しかし神様のご計画は奥深い。それらの人々は多神教

の中での種。将来のための種まきだったのだ。そんな主のミラクルがどんな時にも起こ

る。そして現代を生きる私の人生にも起こる。信仰によって、そう信じることが出来る

心を聖霊様によって与えられ、平安に祈れる事を感謝せずにはいられない。

 20年前に一日14時間、連続五日勤務。休日は研究のために半日はデーター収集と

論文の下書きをしていた。心がカラカラになり、肉体的にも精神的にも押しつぶされそ

うだった。洗礼を受けて5年ほど経った頃だったがあまりの忙しさに聖書を読む時間す

ら無くなっていた。そして当時住んでいた10階のアパートのラナイから地面を見下ろ

していた。そんな時。「君はもう死んでいる。(有名な漫画の決め台詞のような感じで

は無い)以前の貴方じゃないのだからここで死ぬ必要はないよ」と語られた。今なら分

かる。あれはイエス様。私の罪のためにイエス様は贖いの死を選んで下さった。だから

この身は既に父なる神、御子イエス様のもの。私が勝手に神の子どもとして、この世から

離脱することは神様のご計画には無いと示された。


「しかし、わたしが与える水を飲む人は、いつまでも決して渇くことがありません。私

が与える水は、その人の内で泉となり、永遠のいのちへの水が湧き出ます。」(ヨハネ

4:14)


 イエス様が私の主であると信じて歩む時、ネゲブの川のようにイエス様の愛が私の心

に溢れる。聖書を開き、御言葉を読むとき必ず心に響く節がある。それはイエス様から

の私へのメッセージ。イエス様の愛、命の水で満たされる。

 イエス様から語られた後、自死を思いとどまり、職場に辞表を提出した。今、洗礼を

受けて25年が経つがまだ苦難の中を通される。しかし、今日の通読箇所により主のな

さってくださった恵みを思い出し、励まされた。世界中の困難の中にある兄弟姉妹が今

日も主の御言葉によって愛されている事を気づくよう祈りたい。


【祈り】

「彼らは泣きながらやって来る。私は彼らを、慰めながら連れ戻る。私は彼らを、水の

流れのほとりに、つまづくことのない平らな道に導く。まことに、わたしはイスラエル

には父であり、エフライムは私の長子である。」(エレミヤ31:9)


 天の父なる神様。貴方は私の避けどころ。私の砦です。私の涙をも貴方は益に変えで

くださるお方です。そして安全なつまづく事の無い道を示してくださるお方です。なん

と素晴らしい愛の言葉。どうぞ、貴方のご計画がなりますよう。またそのご計画を私が

全う出来ますよう強めてください。イエス様のお名前によって感謝してお捧げいたしま

す。アーメン。

閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方