2022年1月3日 ディボーション

詩篇第五巻 124篇


『私たちの助けは天地を造られた主の御名にある』


「もしも 主が私たちの味方でなかったなら」で始まる詩篇124篇。突然の語りかけに振り返ってみると、私はそのようなことを考えたことがなかった。この語りかけに答えようと思いを巡らせてみた。結果、恐ろしすぎて考えるのをやめてしまった。


 この詩篇の作者であるダビデはこの時、何らかの非常事態に窮していたという。サウロと彼の援軍による追跡からか、それともアンモン人たちの襲撃(2サムエル10:6-8)、または、アブサロムの襲撃からか、とにかくダビデとその民は非常事態にあったという。そんな時、ダビデは民に向かって歌ったのである。「もしも 主が私たちの味方でなかったなら人々が敵対してきたとき そのとき彼らは私たちを生きたまま 丸呑みにしていたであろう。」(2)。しかし、主は自分たちと共におられるお方である。ゆえに、敵の怒りが自分たちに対してどんなに燃え上がっても、主はその燃え盛る火を、一瞬にして、大水で押し流し、彼らの誇りもろとも流されるであろう、と。主は、自分たちを敵の餌食にされず、仕掛けられた罠から助け出してくださるのである。


 私たちが従っている主とは、そのようなお方である。キリスト・イエスの贖いによって、神の子とされた私たちは、そのようなお方に愛され、守られている。しかし、ここに教訓があると思う。確かに私たちは、贖い出された者であるがゆえに、神の恵みに与っている。しかし、それは当たり前ではない、ということである。私たちは、イエス・キリストというお方の犠牲の上に、義とされ、聖とされた。なぜなら、神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つため、だからである(ヨハネ3:16)。


 イエス・キリストは、神であるのに、「御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つため」に犠牲になられた。ここに、福音伝道の使命がある。毎日のように、自らの意思で滅びの道を選び取る人たちがいる。福音を伝えるために、今何かを始めよう。始めることで必ず、神は次の道を用意してくださる。私たちの助けは、天地を造られた主の御名にある。


 祈り:神さま、あなたの御名を賛美します。みことばが、すべての人に与えられますように。私が始める新しい一歩が、あなたの働きの助けとなりますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。


閲覧数:62回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方