2022年1月24日 ディボーション

詩篇第五巻 145篇


『御国への希望』


詩篇145篇は、今まで書かれてきた賛美の総まとめのような詩である。


 ユダヤ人は、この篇を1日3回詠唱するらしい。日本語で読む145篇は暗記するのに大変だが、ヘブル語では、覚えやすいようにヘブル語のアルファベット順に詩が並んでいるため、暗記しやすいようになっているという。日本語でもそのような賛美になっていればよかったのに、と思うのは私だけだろうか。


 彼らは、彼らに約束された御国への希望を詠唱し、神を褒め称え続ける。永遠の御国の約束は、神に選ばれた民族であるがゆえに通される数々の迫害にも耐えるに値する希望なのである。他国から土地を剥奪されるような侵略の歴史や、奴隷の歴史のない日本人には、共鳴したくても、本当の意味で理解することは難しいところである。


 しかし、御国の希望は今や、異邦人にも示されている。それまでは、ユダヤ人にのみ与えられていた祝福が、イエス・キリストを主と信じることによって、異邦人はその枝に接ぎ木され、ユダヤ人と同じ祝福に与る者となったのである。ハレルヤ!


 主は正しいお方であり、恵み深い方でおられる。まことをもって、主を呼び求める者すべてに主は近くあられ、主を恐れる者の願いをかなえてくださり、彼らの叫びを聞いて救われる。神は、神を愛する者にはいつくしみ深く、憐れみ深いお方である。主を愛する者たちを、主は守られる。しかし、悪しき者はみな滅ぼされる、のである。


 ここに福音を与えられた私たちへの使命がある。神は、御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つため、愛するひとり子をこの世にお与えになったのである。神は、ご自分が造られた最も愛すべき、最も大切な人間が、一人として滅びることを望んではおられない。私たちには、福音を伝える使命がある。使徒パウロに倣うなら、まずユダヤ人から、そして異邦人である。イエス・キリストを異邦人の神としているユダヤ人たちは多くいる。その方々に、福音が伝えられるように祈りたい。そして、日本にリバイバルが起きるように、祈りたい。

 

「私の口が主の誉れを語り すべて内なる者が聖なる御名を 世々限りなくほめたたえますように。」(21)



 祈り:天のお父様、異邦人である私にも、御国への希望が与えられていますことを心から感謝いたします。どうか、聖霊様の導きによって、福音がさらに多くの方々に届けることができますよう、用いてください。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方