top of page
  • hccnichigo

2022年1月22日 ディボーション

詩篇第五巻 143篇


『静まりの深化』


「私自身も経験がある。行き詰った時には、自分のことだけに固執する自己愛と利己心がむき出しになる。〜しかしダビデは、絶望の中で主に目を向けることができた人物だった。それができたのは、自分の弱さや力の足りなさを認めていたからだろう。」

 と、したためてくれた昨日のデボーション担当記者にアーメンだ。

 敵に追われ痛めつけられ命の危機が迫るダビデ。前の142篇も、今日の143篇も悔い改めの詩篇として似たところが多い。ただ143篇ならではの特長は、ダビデの黙想にあるのではないだろうか。

「私は昔の日々を思い起こし あなたのすべてのみわざに思いを巡らし あなたの御手のわざを静かに考えています。」(5節)

 我が子アブサロムに逆襲された時だろうか。苦境にあってダビデは静まることができている。そして昔の日々を思い起こし、神さまからの恵みの数々に思いを巡らしている。この”思い”は、静まり、黙想だ。信仰の告白、神さまとの深い交わりだ。

 信仰は、自分の主観的な思い込みで得られるものではなく、静まりの中で神さまが悟らせ与えてくれるもの。ダビデは血生臭い戦地でさえ、静まることができた。

「生ける者はだれ一人、あなたの前に正しいと認められないからです。」(2節)

 しかも一国一城の主であるにもかかわらず、主の前に全面降伏、ひれ伏して信仰を告白する。唯一、義なる神さまだけがダビデを救ってくださると、信じて疑わないのだ。 

 王としての威厳も、男としての沽券もかなぐり捨てて、神さまの前に弱さをさらけ出すことのできるダビデ。

「主はこう言われる。知恵ある者は自分の知恵を誇るな。力ある者は自分の力を誇るな。富める者は自分の富を誇るな。誇る者は、ただ、これを誇れ。悟りを得て、わたしを知っていることを。わたしは主であり、地に恵みと公正と正義を行う者であるからだ。まことに、わたしはこれらのことを喜ぶ。––-主のことば。」(エレミヤ9:22〜23)

 パウロもこのみことばを引いて「誇る者は主を誇れ」と言っている。(1コリント1:31)

 静まって、神さまを真にあがめることができたなら、自ずと頭をたれ、ひれ伏し、己を誇ることなく、主のみを誇れるようになる。そうなれるように私もなりたい。


 イエスさま、イエスさまもよく荒野に退いて祈っておられました。荒野で静まり、父なる神さまと深く交わっておられました。私ももっと静まりたいです。自分の思い込みやプライドを捨てて、静まれる人になりたいです。恵みを悟れるようになりたいです。どうかあわれんで、導いてください。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン



閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page