2022年1月20日 ディボーション

詩篇第五巻 141篇 


“God, Please Guard our Mouths and Sustain Us in Your Truth”


 詩篇141篇は、ダビデの作とされている。1節と2節は、ヤハウェが詩人の祈りを聞いてくださるよう求めています。3節と4節では、詩人はヤハウェに自らが悪を語らないようにとお願いしています。

 さらに、自分の心が悪い行いをしないようにとヤハウェにお願いしています。どうやら、人は物質的な利益の誘惑に負けて、他人と一緒に悪い行いをする傾向があるようです。

 5節では、もし自分がこのような悪事を働いているのを見つけたら、正しい人が自分を叱ってくれるようにと神に頼んでいます。正しい人に叩かれるのは、頭に油を塗られるようなものです。

 詩篇の祈りは、悪人の行いに向けられているのであって、悪人そのものに向けられているのではありません。悪人たちの指導者がいなくなれば、その時、悪人たちは詩篇の言葉を聞くことができるようになるでしょう。

 7節の言葉は、誰が話しているのかがはっきりしないので、詩篇の流れを壊しています。誰が骨を散らされるのかがはっきりしないのです。そして、この詩篇の作者は、ヤハウェにのみに拠り頼むことを宣言して、ヤハウェに注意を向けています。

 この宣言のために、詩人はヤハウェが自分を守ることを止めないようにと懇願しています。この詩人はヤハウェに、自分に仕掛けられた悪人の罠から特に自分を守ってくれるように頼んでいます。最後の節で、詩人はヤハウェに、自分が安全であるように、悪人たちが自分たちの罠にかかるようにと最後のお願いをしています。

 

 神の言葉は永遠ですから、詩篇141は現代にも大いに通用します。私たちは神に似せて造られましたが、堕落の影響によってすべての被造物が堕落し、それは私たち全員を含みます。そのため、私たちは皆、神の御心にそぐわないことを心に抱く傾向があります。これを私たちは罪と呼びます。

 この詩篇は、私たちが心の中にあるこの罪をこの世に持ち出す方法が、私たちの口であることを説明しています。私たちはいつもこのようなことをしています。例えば、噂話です。私たちの中には、他の人から他の人に、別の人についての情報を広めてしまう人がいます。多くの場合、私たちが広める情報は真実ではなく、確認できないものであり、私的で、有害なものです。キリストの体の中でゴシップが起こると、キリストの体との分裂と傷を引き起こすので、特に破壊的なものとなります。

 では、神がゴシップを嫌っておられることを知っていながら、私たちはなぜゴシップを続けるのでしょうか。一つの答えが先に提示されました。私たちは皆、堕落のために堕落して生まれました。しかし、良い知らせは、私たち皆の中に住んでおられる聖霊が、絶えず私たちに働きかけておられることです。このブログを読んでいるあなたにも、聖霊は絶えず働きかけ、あなたをますます神の似姿に回復させています。

 しかし、聖霊はあなただけでなく、あなたが噂している兄弟姉妹にも働きかけておられることを忘れないでください。私たちは皆、成長しているのです。世間では「決めつけてはいけない」と教えられていますが、聖霊は自分だけでなく、キリストにあるすべての兄弟姉妹に働きかけておられると考えてよいのです。あなたと同じように、昨日噂話をしたあの人も、今日は神の似姿に近づいているのです。今度、誰かの噂話を広めたい衝動に駆られたときには、このことを思い出してください。しかし、自制心が働かないとき、詩篇141篇は私たちが口をつぐむことができるように神に祈ることができることを示しています。

 

 この詩篇のもう一つの大きなテーマは、世の中の真実と正義についてです。何が正しくて何が間違っているかは、誰が決めるのでしょうか。世間では、人はそれぞれ自分自身の真実を持つことができると言われています。また、あるテロリストは一方では殉教者であると教えています。

 世間は、神の御言葉が教えていることと正反対のことを教えているのです。私たちの多くは、クリスチャンであっても、岐路に立たされています。この世が作り上げた真理と正義の定義に従うか、それとも神の御言葉に従うか。私たちはその答えをすでに知っているのではないでしょうか。神が宇宙を創造されたとき、無から有を創造されました。単純すぎると思われるかもしれませんが、真理は非常に狭く、同時に二つのことが正しいということはあり得ません。1+1は常に2です。ある人が1+1=4と信じていても、1+1が4になるわけではありません。多くの意見や考え方があっても、真実は一つしかないのです。

 この宇宙で唯一の真理は、神の真理です。この宇宙で唯一の正義は、神の正義です。時間の経過、視点の変化、人気投票によって、神の永遠の真理が変わることはありません。聖書は、何千年も前と同じように、今日も真理なのです。人間がこの地上に住まなくなった後も、聖書は真実であり続けるでしょう。イエスが宣言されたことを思い出しましょう。「天地は消え去ります。しかし、わたしのことばは決して消え去ることがありません」 (マタイの福音書 24:35, 聖書新改訳2017).

 

 天の父なる神さま、今日の御言葉をありがとうございます。私たちは、どんなにしないようにしても、つい噂話をしてしまうことを告白します。汚れた心で、人の噂話をしてしまうことを赦してください。父なる神さま、私たちの心をきれいにして、もっとあなたのようになれるようにしてください。父なる神さま、かつてダビデが求めたように、私たちも口をつぐむことができるように助けてください。また、あなたの御言葉の中に私たちを留めておくことができるように助けてください。世の中の真実や正義の偽りから私たちを守ってください。代わりに、あなたの真理と正義で私たちを満たしてください。もし私たちが信じていることが偽りであれば、主よ、私たちの頭を打ち、あなたの真理で私たちを塗り替えてください。唯一の真理を。そして、あなたが私たちに命じられたように、あなたが私たちに教えてくださったことをすべて世に伝える勇気を与えてください。父よ、ありがとうございます。父なる神さま、私たちはあなたを愛しています。In Jesus Name we pray, amen.



“God, Please Guard our Mouths and Sustain Us in Your Truth”


Psalm 144 attributes itself to David. Verses 1 and 2 call for Yahweh to hear the psalmist’s prayers. In verses 3 and 4, the psalmist asks Yahweh to prevent him from speaking any evil. He further asks Yahweh to keep his own heart from evil that can also result in evil deeds. Apparently, one may be inclined to do evil deeds with others when tempted by material gain. Verse 5 finds the psalmist asking God to have a righteous man rebuke him if he is ever found to be participating in these evil activities. Being slapped by a righteous man is like being anointed on the head with oil. The psalmist’s prayers are directed towards the deeds of the evildoers and not the evildoers themselves. When the leaders of the evildoers are no more, the evildoers will then be able to hear the psalmist’s words. The next words are confusing and breaks the flow of the Psalm as it is not clear who is actually talking. It is not clear who gets their bones scattered. The psalmist then focuses his attention to Yahweh by declaring to only seek refuge in Him. Because of this declaration, the psalmist petitions Yahweh to not stop protecting him. The psalmist asks Yahweh to protect him specifically from the evildoers traps that were laid for him. In the last verse, the psalmist makes one final request to Yahweh to have the evildoers fall in their own traps as he remains safe.

 

Because God’s Word is eternal, this psalm is very much relevant today. Although we were created in the image of God, the effects of the Fall corrupted all of creation and this includes all of us. Because of this, we all have a tendency to have in our hearts things that are not within God’s will. We call this sin. This psalm explains that the way we introduce this sin within our hearts out into the world is through our mouths. We do this all the time. One such example is gossip. Some of us spread information to others from others about yet another person. Many times, the information that we spread is not true, not confirmable, private, and harmful. When gossip occurs within the body of Christ, it is especially destructive because it causes division and hurt with Christ’s body. So why is it that although we know that God hates gossip, we continue to gossip? One answer was presented earlier: We were all born corrupted because of the Fall. However, the good news is that the Holy Spirit who lives in all of us is constantly working on us. The Holy Spirit, even as you are reading this blog, is constantly working you, restoring you more and more into the image of God. But remember, the Holy Spirit is not only working on you, He is also working on those brothers and sisters that you gossip about. We are all growing. Although the world teaches us to “never assume,” we CAN assume that the Holy Spirit is working on not only ourselves, but all of our brothers and sisters in Christ. Just like you, that person that you gossiped about yesterday in closer to the image of God today. Remember this the next time you feel the urge to spread gossip about someone. However, when self-control fails us, Psalm 141 shows us that we can pray to God for help to keep our mouths shut.

 

Another major theme in this psalm is regarding the world’s version of truth and justice. We need to ask ourselves: who determines what is right and what is wrong? The world says that each person can have their own truth. The world also teaches that one person’s terrorist is another person’t martyr. The world teaches things that are in direct contradiction to what God’s Word teaches. Many of us, even Christians, are at a crossroads. Do we conform to a definition of truth and justice that the world simply made up or do we submit to God’s Word? I believe we already know that answer. When God created the universe, he created everything from nothing. Although it may sound overly simple, truth is very narrow and two things cannot be correct at the same time. 1+1 is always 2. One person believing that 1+1=4 does not make 1+1 equal four. Although there are many opinions and perspectives, there can only be one truth. The only truth in this universe is God’s truth. The only justice in this universe is God’s justice. The passing of time, changes in perspective, or popular vote will never change God’s eternal truth. The Bible is just as true today as it was thousands of years ago. The Bible will still be true after man no longer inhabits this earth. Lets remember what Jesus declared: “Heaven and earth will pass away, but my words will not pass away” (Matthew 24:35, ESV).

 

Thank you, Heavenly Father, for your Word today. We confess, no matter how hard we try not to, we still gossip. Please forgive us for having unclean hearts and gossiping about others. Please, Father, cleans our hearts so we can be more like You. Please, Father, as David once asked you, help us also to keep our mouths shut. We also ask You for help to keep us in Your Word. Please protect us from the world’s false version of truth and justice. Instead, fill us with Your truth and Justice. If anything that we believe is false, please Lord strike us on our heads and anoint us with Your truth. The only truth. Give us the courage to also share with the world all that You taught us as this is what You commanded us to do. Thank You Father. We love you Father. In Jesus Name we pray, amen.

 


閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方