2022年1月10日 ディボーション

詩篇第五巻 131篇


『ダビデに倣う信仰』


 この歌の背景は、サウロ王や彼に仕える者たちによって、ダビデと言う人物像が歪曲され、彼らはダビデを、神に召されたと見せかけて王国を要求した人物、野心家で心は高慢、王になることを熱望している男だと吹聴していた時に、歌ったものであろうと多くの解釈者たちは提唱している。


 しかし、ダビデは神に訴えた。自分は、高い地位や偉大さを求めたことなどない。すべては、神より割り当てられた状況なのだから、自分の心は、乳離れした子供のようにおだやかである。だから、すべての民よ、自分のように神に信頼せよと励まし、この歌を終えている。


 サウル王は王権をダビデに取られまいとして必死である。しかし、ダビデは王権を望んでいるわけではない。ダビデは、神の計画を果たすために選ばれた人物であるがゆえに、サウル王が何をしようと、ダビデはイスラエルの王になるのである。

 旧約、新約の聖書を読んでいる私たちにとって、サウル王はいささか哀れに思えたりもする。サウル王は王になりたかったわけではない。しかし、王を求める民の求めを許された神によって彼は選ばれ、王として油注ぎを受けたのである。ただ、彼にはダビデのような信仰がなかった。主に忠実であったなら、サウル王の王国は永遠に確立していたのである。預言者サムエルは語る。「しかし、今や、あなたの王国は立たない。主はご自分の心にかなう人を求め、主はその人をご自分の民の君主に任命しておられる。主があなたに命じられたことを、あなたが守らなかったからだ」(第一サムエル記13:14)。

 

 サウル王はこの時、サムエルを待つべきであった。ペリシテ軍の軍勢を見て、不安になったサウル王はサムエルが来るのを待てずに、自らが祭壇にて全焼の捧げ物をささげてしまった。これは、主の命令に背く行為であった。この時、サウルの心を襲った不安とは、神への不信から来たものである。

 

 ここに、私たちへの教訓がある。イエス・キリストを主と信じ、主に全き信頼を置くなら、私たちの心には不安などなく、穏やかに、主の時を待つことができる。主の命令に従い、みことばに聞き従っているなら、私たちもダビデと同じように、どのような状況下にあっても、心はおだやかで、惑わされることはないのである。

 神は、いつも私たちに、イエス・キリストにある平安へと招いてくださっていることを覚えよう。

 

「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(マタ11:28−30)


 祈り:天のお父様、あなたの御名を賛美します。ダビデの信仰に倣います。あなたの平安が私の心にいつも在りますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方