top of page
  • hccnichigo

2022年1月10日 ディボーション

詩篇第五巻 131篇


『ダビデに倣う信仰』


 この歌の背景は、サウロ王や彼に仕える者たちによって、ダビデと言う人物像が歪曲され、彼らはダビデを、神に召されたと見せかけて王国を要求した人物、野心家で心は高慢、王になることを熱望している男だと吹聴していた時に、歌ったものであろうと多くの解釈者たちは提唱している。


 しかし、ダビデは神に訴えた。自分は、高い地位や偉大さを求めたことなどない。すべては、神より割り当てられた状況なのだから、自分の心は、乳離れした子供のようにおだやかである。だから、すべての民よ、自分のように神に信頼せよと励まし、この歌を終えている。


 サウル王は王権をダビデに取られまいとして必死である。しかし、ダビデは王権を望んでいるわけではない。ダビデは、神の計画を果たすために選ばれた人物であるがゆえに、サウル王が何をしようと、ダビデはイスラエルの王になるのである。

 旧約、新約の聖書を読んでいる私たちにとって、サウル王はいささか哀れに思えたりもする。サウル王は王になりたかったわけではない。しかし、王を求める民の求めを許された神によって彼は選ばれ、王として油注ぎを受けたのである。ただ、彼にはダビデのような信仰がなかった。主に忠実であったなら、サウル王の王国は永遠に確立していたのである。預言者サムエルは語る。「しかし、今や、あなたの王国は立たない。主はご自分の心にかなう人を求め、主はその人をご自分の民の君主に任命しておられる。主があなたに命じられたことを、あなたが守らなかったからだ」(第一サムエル記13:14)。

 

 サウル王はこの時、サムエルを待つべきであった。ペリシテ軍の軍勢を見て、不安になったサウル王はサムエルが来るのを待てずに、自らが祭壇にて全焼の捧げ物をささげてしまった。これは、主の命令に背く行為であった。この時、サウルの心を襲った不安とは、神への不信から来たものである。

 

 ここに、私たちへの教訓がある。イエス・キリストを主と信じ、主に全き信頼を置くなら、私たちの心には不安などなく、穏やかに、主の時を待つことができる。主の命令に従い、みことばに聞き従っているなら、私たちもダビデと同じように、どのような状況下にあっても、心はおだやかで、惑わされることはないのである。

 神は、いつも私たちに、イエス・キリストにある平安へと招いてくださっていることを覚えよう。

 

「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(マタ11:28−30)


 祈り:天のお父様、あなたの御名を賛美します。ダビデの信仰に倣います。あなたの平安が私の心にいつも在りますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:29回

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Comments


bottom of page