2022年1月1日 ディボーション

詩篇第五巻 122篇


『初詣、主の家で祈る』


 都上りの巡礼の歌。前の121篇では、エルサレムに近づき、都の頂を見上げながら、主から励ましを受ける。何日も歩いて疲れ切った足を、神さまはまどろむこともなく守り続けてくれた。すべてのわざわいから守ってくれた。そして122篇、ついに神の都エルサレムに到着。


「「さあ 主の家に行こう。」人々が私にそう言ったとき 私は喜んだ。」1節

 主の家は神殿を指すだけでなく、神さまの臨在を礼拝するということ。神の民として、信仰の仲間として、一つになってともに主の御名に感謝するために。それを記者は歓喜した。

 ホノルル教会の母教会はエルサレムでもある。2022年元旦、私たちも初詣する。

 神の家族が集い合い、心一つに礼拝できることがどれほどの喜びか、この1節は教えてくれる。


 主の家には「さばきの座」(5節)がある。

 神さまは公平な方。悪や不正を見逃さない方。そして今、私たちは終わりの時代、さばきの時代へと向かっている。

 元旦の朝、正しいさばきに従う者となれるよう、主の家で祈りを捧げよう。


「私の兄弟 友のために さあ私は言おう。「あなたのうちに平和があるように。」」8節

 主の家で、兄弟や友のために祈りを捧げる。誰かのために祈れるとは、なんという喜び! 私のために祈ってくれる友がいることは、なんという幸せ!


 この122篇には「平和」という言葉が何度も出てくる。エルサレムという名前そのものも、エル(神の)サレム(平和、統合)だ。エルサレムは神の民を一つに結びつけるために、神さまが選び、名付けた地なのだから。平和を祈るということは、御霊に従うということだから。

 神さまの初夢は今年も、「キリストにあって、すべてのものが一つになること」。平和と一致、イコール「互いに愛し合う」ことが変わらぬスローガンだ。

 しかし世の中は分断と相反に満ちている。イスラエルの和解もなかなか進まない。私の中の肉の自分と霊的な自分の相反も手に負えない時がある。平和を望みながら、隔ての壁を作ってしまう自分がいる。平和と一致はほんとうに難しいチャレンジだ。

 それでも聖霊さまの働きにすがって、霊的であることをよくよく吟味して、新しい一歩が踏み出せますようにと、主の家で祈ろう。


「いと高き所で、栄光が神にあるように。地の上で、平和がみこころにかなう人々にあるように。」(ルカ2:14)


 イエスさまこそ私たちの平和です。2022年も神の家族とともに、主の家で神さまの臨在をせいいっぱい賛美できますよう、清め導いてください。

 イエスキリストの御名で感謝して祈ります。アーメン

閲覧数:44回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方