top of page
  • hccnichigo

2022年5月30日 ディボーション

イザヤ書30章

 

『恵みを与えようと待たれる主』

 

「それゆえ主は、あなたがたに恵みを与えようとして待ち、それゆえ、あわれみを与えようと立ち上がられる。主が義の神であるからだ。幸いなことよ、主を待ち望むすべての者は。」(18節)

 

 アッシリアからの脅威にさらされていた南ユダは、その危機を回避しようとエジプトと同盟を結ぼうとしていた。しかし、そのことは神のみこころではなかった。それは、罪に罪を増し加えるばかりだ、とイザヤは語っている。

 

 神のみこころを行いたいと願いながら、目の前にある問題に揺れ動き、不安という負の感情に負けて、神を待てずに行動を起こしてしまうのが、人間ではないだろか。


 旧約聖書に描かれるイスラエルの民は、罪の性質を持ち合わせた私たち人間の姿を、見事なばかりに表していると思う。神に従いたい、良いことを行いたいと願っているのに出来ない。


「私には、自分のしていることが分かりません。自分がしたいと願うことはせずに、むしろ自分が憎んでいることを行っているからです。」(ロマ書7:15)

 

 神に触れていただくようになると、自分の中に在る古い人と新しい人の葛藤を経験するようになる。その葛藤を経験するとき、自らの努力でそれを克服しようとするなら、それは、イザヤのいうように、罪に罪を増し加えることになるのだろう。では、どうすればいいのか。

 

 15節で主は、「立ち返って落ち着いていれば、あなたがたは救われ、静かに信頼していれば、あなたがたは力を得る。」(要約)と語られた。

 

 神は、私たちに恵みを与えようと待っておられる。だからまず、主に立ち返って落ち着くこと、だという。そうすればたましいに安らぎが与えられ、静かに主を信頼していれば、必要な力は神が与えてくださる。これが、みこころにかなった解決方法であると、神ご自身が語っておられる。

 

 罪の性質を持つ古い人は、私たち人間の力や努力によって治められるものではない。あのパウロでさえ、彼の内にある古い人を知るとき、「私は本当にみじめな人間です。だれがこの死のからだから、私を救い出してくれるのでしょうか。」(ロマ書7:24)と嘆いている。

 

 みこころではないことをしてしまうのが人間である。しかし神はそのすべてをご存じである。だから神は、忍耐をもって、私たちに恵みを与えようと待っておられる。そのような神の愛に身を委ねて、この地上での命を全うしていきたいと願う。

 

祈り:愛する天の父なる神よ。あなたの御名をあがめます。みこころに従って生きる者へと変えてください。 主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年12月31日 ディボーション

ダニエル書 9章 『御心ならば』 ダニエルはエレミヤの預言により、捕囚が70年間であることを知り、あと3年でその期間が終わることを悟った。と同時に、同胞が犯してきた罪に思いを巡らせた。イスラエルの民が幾度となく神さまを裏切ったこと、偶像崇拝で聖都を汚したこと、エルサレム神殿を荒廃させてしまったこと、なにより神さまが用意してくださった悔い改めのチャンスを受け取らなかったこと。 「そこで私は、顔を神で

2022年12月29日 ディボーション

ダニエル書7章 『ダニエルの見た夢』 ダニエルの見た夢は、4頭の大きな獣であった。2章でネブカドネツァル王が見た像の夢と似通った幻である。第1の獣は獅子のようなもの、第2の獣は熊に似たもの、第3の獣は豹ににたもの、そして第4の獣は大きな鉄の牙を持った恐ろしく不気味なものであった。それは、地上にいる獣と比較することができないほど恐ろしく、最強で、ものすごかったのである。まるで黙示録の中にいるようだ。

2022年12月26日 ディボーション

ダニエル書4章 『聖霊によって変えていただく』 アイゾン直子 ネブカドネツァル王は、数々の奇跡を目の当たりにした結果、イスラエルの神を褒めたたえるようになりました。しかし、唯一の神として認めることはできませんでした。彼は自分が神に等しい者と思っていたのかもしれません。そんな栄華を極めた生活の中、彼はある夢を見ます。そしてその不可解な夢を恐れた王は、呪法師や呪文師、占星術師たちに話しますが、誰も夢の

Commentaires


bottom of page