2022年1月8日 ディボーション

詩篇第五巻 129篇


『下には永遠の腕がある』


 命令形というか、恨みや呪いの感情が込められているネガティブな詩篇に感じる。しかもレトリックが多い。

 まず1節と2節で2度も繰り返される、被害者としての立ち位置。「彼らは 私が若いころから ひどく私を苦しめた。」

 バビロン捕囚で体験した苦難のことだろうか。

「耕す者たちは私の背に鋤をあて 長いあぜを作ったが。」3節

 なにを暗示しているのかさっぱり分からない。

「彼らは 伸びないように枯れる 屋根の草のようになれ。」6節

 解説書には、ユダヤの当時の生活を知らないと理解できない詩篇だとある。ユダヤの人の家は石造りで、平らな屋上も家事や作業スペースとして使われてきた。だから雑草が生えたら、すぐに抜き取られてしまう。それが「伸びないうちに枯れる屋根の草」、というたとえなのだそう。

「通りがかりの人も「あなたに主の祝福があるように。主の名によって祝福あれ」と言うことはない。」8節

 大麦の刈り取りの季節、ユダヤの人は「主の祝福があるように」と声を掛け合ったという。ルツ記の落ち穂拾いのロマンスを思い出した。

 そんな麗しい挨拶すらしないって、それで129篇をおしまいにしてしまうなんて、どう黙想したらいいのだろう。なんだかハシゴを外されたようだ。


 今日のディボーションは空振り、うまくできませんでしたと祈ろうかと思いつつ、そういえば数日前にも同じように陰鬱な詩篇を読んだことを思い出した。124篇を読み返してみた。

「もしも 主が私たちの味方でなかったなら。」1節

 そんな恐ろしい仮定はしてほしくない。前半の文体も129篇とそっくりだ。でも124篇には後半、「ほむべきかな 主。」、「鳥のように 私たちのたましいは 仕掛けられた罠から助け出された。」、「私たちの助けは 天地を造られた主の御名にある。」6〜8節

 129篇は124篇の後半を合体すると、アーメンできる! 

 苦難にあっても、神さまは絶対にお見捨てにならない。苦しい時ほど主を喜び、御顔を見上げたい。

 見上げられずにうなだれても、「下には永遠の腕がある」(申33:27)のだから!


 神さま、去年の7月、パスターは「イエスさまは一番低いところで下から支えてくれます。だから安心しなさい、神さまの希望に生きましょう」とメッセージし、神さまの時間に生きているれいさんの平安を伝えてくださいました。

 神さま、あなたの御顔を見ることを教えてくれた、れいさんを感謝します。れいさんの平安が増し加わりますよう祈ります。れいさんをもっともっと強く守ってください。どうかお願いします。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

 

閲覧数:68回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

マルコの福音書2章 『イエスのもとに集まる群衆』 イエスは弟子たちと一緒にカペナウムに入ると、意欲的に行動された。会堂に入って人々にみことばを教え、汚れた霊を追い出し、病を癒した。さらにイエスはガリラヤへ渡り、福音を宣べ伝え、悪霊を追い出し、病を癒された。これらイエスの活動は、瞬く間に人々に知れ渡り、再びカペナウムに戻られたイエスを知ると、人々はまた集まって来た。 病の癒しを売り物にする宗教は山ほ

マルコの福音書 1章 今日からマルコの福音書に入る。 1章では、神がバプテストのヨハネを通してイエスキリストに洗礼を授ける。ヨハネは自分には、かがんでその方の履き物のひもを解く資格もないと言っている。その資格のない自分が、イエス様に洗礼を授けるということは、ヨハネは言葉に言い表すことができないほど光栄なことだったと思う。さらに、ヨハネは、8節で「私はあなたがたに水でバプテスマを授けましたが、この方