2021 年8 月29日 ディボーション

マタイ25章


ですから、目を覚ましていなさい。その日、その時をあなたがたは知らないのですから。13節


 このみことばは、24章42節でも述べられている。私達への警告として二度も語られている大切なことである。つまり、イエス様は、主の再臨に備えての私達クリスチャンが生きるべき道についての教えを3つのたとえで語られている。


 1つ目は、花婿を迎える時の10人の娘たちにたとえられている。ここでの花婿はイエス様をたとえ、教会は花嫁に、ともしびは信仰に、油は聖霊に、10人の娘たちはクリスチャンにたとえられている。5人の賢い娘たちは、花婿の到着が遅くなってもいいように十分な油を用意していた。あとの愚かな5人の娘たちはそのようなことは考えずに十分な油は用意しなかった。その為に婚礼式に入れなかった。私たちに語られていることは、「備えあれば憂いなし」というように、つまり普段から将来のことを考えて準備していけば良き人生を歩むことができるということである。この1つ目のたとえは、聖霊に満たされた信仰をもって歩むことである。私達は絶えず内なる聖霊の力によって輝き続けることである。


 2つ目は、旅に出る主人”イエス様”が3人のしもべたち”クリスチャン”にタラントを分け与え、3人がどのようにしてタラントを使っていくかのたとえを語っている。そのタラントは神様から与えられた、賜物である。それぞれがいただいた、賜物をどのようにして使っていくかはまさに現代の私達に問われることである。そして、その賜物をどのようにして神様のために使われていったかは、天に帰った時に、天の父に問われることである。与えられた、たまものを神様のために活用することができるような日々を歩みたいものである。


 3つ目は、御国を受け継ぐ神の右の座につく者のありかたが述べられている。苦しみの中にある人々のために仕えることである。他者に仕えることとは、キリストに仕えることと同じことを意味している。今、私達がいろんな方法で他者の為に労していることは、キリストに労していることと同じことである。この労していることこそ御国を受け継ぐ神の右の座につく者になれるのである。


 語られたことは、キリストの再臨の時まで、私達クリスチャンが何をするべきか。主を待ち望むことは、日々聖霊の油に満たされて神と人とに仕える生活を送っていくことである。


祈り

愛する天の父なる神様。御名をほめたたえます。

いただいた、賜物をこの地上生涯であなたの為に大胆に活用できますようにお導き下さい。その為にも、信仰の弱いこの私に信仰が増し加わりますように、勇気を与えて下さい。恐れを取り除いてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:28回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式