2021年9月7日ディボーション

詩篇第一巻 6篇


『「主よ あなたはいつまで──。」の中で生まれる信仰体験」』


 この人は恐れおののき、嘆いている。どのような状況にあったのだろう。必死なまでの叫びは、その口から溢れて止まらない。


「私を責めないでください。」1節a

「私を懲らしめないでください。」1節b

「私をあわれんでください。」2節a

「私を癒してください。」2節b


 このような叫びを一方的に吐き出しつつも、この人はふと、こう問う。


「主よ あなたはいつまで──。」3節


 この「いつまで」に続く「──。」が、心に留まる。声も枯れるまで嘆き続けているけど、一向にこの嘆きがなくならないのだ。


 この人の苦しみを想いながら、一つ気づいたことがあった。それは、この人は嘆く相手がいるという事実だ。この人は何度も「主よ」と叫び訴える。

 信仰者は、その信仰する絶対者なる神様に嘆いていいんだ。神様に私の嘆き相手になってもらっていいんだ。心にあること、全部、神様にぶつけていいんだ。

 そんな純粋な信仰を、詩篇を歌う等身大を生きる信仰者たちから、私は教えられる。


 そして、同じ神様を同じく信仰する私も不思議と、このみことばの力によって、純粋な信仰者たちと心重ねられていき、同じように神様の御前に立つことができるのだと思う。


 神様を信じていれば、全てが順風満帆で…というわけでもない。試練がある。痛みもある。

 でも、神様を信じていれば、このお方にそのまんまの信仰で、時に感謝し、時に怒り、時に訴え、時に嘆いたり…できる…と、これを書いていても、そういう葛藤的な要素の方が信仰生活は多いんじゃないか、と思ったりもした。でも、それが詩篇の賛歌になっている。そして、私たちの賛歌にもなるのだ。


 この人は、「私は嘆きで疲れ果て 夜ごとに 涙で寝床を漂わせ ふしどを大水で押し流します。」(6節)と歌う。

 しかし同時に、その葛藤ある信仰の営みで、「主が私の泣く声を聞かれたからだ。主は私の切なる願いを聞き 主は私の祈りを受け入れられる。」(8〜9節)という信仰の深みをも体験していく。


 嘆きの中にも信仰を通して知る、神に知られている自分。神に確かに聞かれている平安。神に受け入れられている深い喜び。

 この人を通して、私自身、信仰の境地を教えられている。


天のお父様、

私にも信仰を与えてくださり、感謝します。等身大の純粋な信仰で、あなたに近づき、あなたをもっと知ることができますように。私の信仰を導いてください。アーメン。








閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱