2021年9月6日 ディボーション

詩篇第一巻 5篇


『絶えず祈る』


 フルートの優しい音に合わせて、ダビデ王の切ない祈り声が聞こえて来るような気がする。


 「私のことばに耳を傾けてください。主よ。私のうめきを聞き取ってください。私の叫ぶ声を耳に留めてください。私の王、私の神、私はあなたに祈っています。主よ、朝焼けに、私の声を聞いてください。朝明けに、私はあなたの御前に備えをし、仰ぎ望みます。」(1〜3)


 3節の「仰ぎ望む」という言葉に目が留まった。聞きなれない言葉である。この節を口語訳や新共同訳で読んでみたが、似たような訳をしていたため、英語訳でも調べてみた。結果、「仰ぎ望む」とは、畏敬の念をもって、期待して待つ、ということらしい。契約の神である主は、必ず約束を守られるお方である。ダビデ王は、主をそのようなお方として信じているからこそ、朝ごとに自らをいけにえの備え物として捧げ、主を仰ぎ望まれたのだ。

 祈りを捧げる時、自分はダビデ王のような気持ちをもって、祈っていただろうかと考える。どちらかと言うと、甘えてわがままな祈りばかりを捧げてしまう傾向にあったのではと思う。全知全能である神にすべてを委ねます、と祈りながらも、不安になればまた同じ祈りを繰り返している自分がいる。

 第一テサロニケ5:17では、絶えず祈ることを勧めている。日々の生活の中で絶えず神を意識して、すべての悩みや不安を神の御座に持っていくことは祈りである。それは声を出す祈りであったり、沈黙の祈りであったり、またダビデ王もように歌の祈りであったりもするだろう。大切なのは、神の義による解決を求めることにある。


 「あなたの義によって私を導いてください。私の前に、あなたの道をまっすぐにしてください」(8)


祈り:

 愛する天のお父さま。いつも私の祈りに耳を傾けてくださり、ありがとうございます。この世と調子を合わせてはいけないと知っていながらも、つい不安になって愚痴をこぼしたり、人と競ったり、不平を言ってしまう自分がいます。そんな時、どうか私もダビデ王のように「あなたの義によって私を導いてください。私の前に、あなたの道をまっすぐにしてください」と祈れますように。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。



閲覧数:18回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱