2021年9月5日 ディボーション

詩篇第一巻 4章


神に委ねていくこと。


 ダビデの賛歌が3章から続いていく。

ダビデは苦難の中にいた時も、全き主に信頼して、主に叫び、大胆に祈るところはあの歴代誌で起こった光景を回想させられた。愛する自分の息子から命を狙われ、大勢の家来達が自分を裏切り息子の言うままになってダビデを追跡していくが、ダビデはそれでも、逃げまどう時でも神への信頼、委ねていく信仰は常に備わっていた。神は、ダビデの祈りはしっかりと聞かれて苦難の中から、敵の手から救ってくださった。これらのことはダビデが神を義として、素直に助けを求めている様子が主の憐れみのみこころにふれられたことだと思う。

 私達も、時には他者からの身に覚えのないことを言われたり、さげすまれたりすることが日常におこることがある。そのような時に人に言えば、それが知らないところで口外されて、問題が倍にふくらんでくるということが起こり得る。そうならないようにする為にも、私達はこのダビデのように主に、大胆に祈り、委ねて、助けを求めていけるようになることである。


 ダビデは、自分を蔑み、辱め、偽りを慕い求める人々に対しても悔い改めを語っている。

4節で、「知れ。主はご自分の聖徒を特別に扱われるのだ。私が呼ぶとき 主は聞いてくださる。」 と述べている。さらに4節で、「義のいけにえを献げ 主に拠り頼め。」と彼らに 

神に立ち返るように願っている。ダビデの苦難の時に経験した他者への思いやりがここに表されている。私達も苦難にあったことは決して無駄ではなく、その苦難はいつかは他者に対しての希望と愛の行動へと導いて下さることだと思う。そこから次の聖句が示された。


ローマ人への手紙 5章3〜4節 「それだけではなく、苦難さえも喜んでいます。それは、苦難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと、私たちは知っているからです。」


 詩4:7節、8節「あなたは喜びを私の心に下さいます。それは 彼らに穀物と新しいぶどう酒が豊かにある時にもまさっています。平安のうちに私は身を横たえ すぐ眠りにつきます。主よ ただあなただけが安らかに 私を住まわせてくださいます。」

 農夫にとって豊作ほど喜ばしいことはないが、ダビデの喜びは豊作にまさる喜びだと語っている。敵に追われていても平安のうちに身を横たえて、ぐっすり眠れるということは、ダビデの主への委ねていく信頼のゆえにできたことだろう。私達も夜、眠れない時があるが、その時にはこのダビデの信仰をとおして平安の眠りにつかせて頂けるようにすべてを主に委ねていけるようになりたいものでありたい。


祈り

 天の父なる神様。ダビデの賛歌から多くのことを語ってくださってありがとうございます。

苦しい試練の中にいても、ダビデのように素直にあなたに委ねて、助けて下さいと言い求めることができるように導いて下さい。試練にあった時の苦しみの中で喜ぶことができますように私を変えてください。感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱