2021年9月4日 ディボーション

詩篇第一巻 3篇


『私は身を横たえて眠り また目を覚ます。』


しかし 主よ あなたこそ

私の周りを囲む盾

私の栄光 私の頭を上げる方。

私は声を上げて主を呼び求める。

すると 主はその聖なる山から私に答えてくださる。セラ

私は身を横たえて眠り また目を覚ます。

主が私を支えてくださるから。

(3:3〜5)


 もうこの御ことばさえあればなにもいらない。これが私の信仰の礎、私の道しるべ、と歓喜したくなる聖書の出逢いがある。私にとって、この3節から5節までがそれ! 

 好きで好きでたまらない。好き過ぎて、ダビデの賛歌じゃなくて、私の賛歌に横取りしたいほどだ。

 この詩篇3は、古来キリスト教会において、長らく ”朝の歌” として読まれてきたと、複数の解説書が教えてくれる。「私は身を横たえて眠り また目を覚ます。」とあり、詩人が朝に目覚めた時に、神さまに感謝して祈っているようすが歌われているからだという。そして続く詩篇4は ”夜の歌” で、夕べの祈りが歌われていて、詩篇3と4はお対のようになっているともある。

 僭越ながら私は ”赤ちゃんがえりの歌” として賛美したい。なにを大年増が、今さら無垢な赤ちゃんに戻れるはずはないとの思いもよぎるが、この詩篇の好きが高じて、我を忘れて愛唱したくなる。

 神さまの大きな手にしっかり抱かれ、懐深く守られている赤ちゃんの自分を感じる。なにかに怯えて泣き叫ぶと、首元を支えて背中をおこして、トントンとあやしてくださる神さま。うなだれた頭を上げてくださる方。

 赤ちゃんが泣いて親を求めるように、悲しいこと、辛いこと、なんでもかんでも真っ先に、「私は声を上げて主を呼び求める。」すると神さまは、いつもどこにいてもどんな状況でも「私に答えてくださる。」

 ぎゃーと泣いては抱きしめてくれ、安心して眠りにつくまでそばにいてくれる。目が覚めれば傍らで微笑んでくれ、また泣いては優しく頭を上げてくださる。朝や夜の数だけでなく、長い人生の中で何回でも、何億回でも、尽きることなく主は私を支えてくださる。

 なんという平安、なんという愛!

 だから「私は身を横たえて眠り また目を覚ます。」ことができる。なんという幸せ!


 愛する天のお父さま、あなたを父と呼び慕うことができる子であることを感謝します。この詩篇の御ことばの中に住んでいれば、私の平安が守られることを確信し、うれしく感謝します。どうか神さまの元を離れずに、いつも真っ先に神さまの御声に耳を澄ますことができますよう、私をあわれみ導いてください。イエスさまのお名前で祈ります。アーメン

閲覧数:55回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱