2021年9月28日 ディボーション 

詩篇第一巻 27篇


『One thing』


 あなたは「一つのことを神に願え。」と問われたら、何を願うだろうか?


 あの栄華を極めたソロモンも、そういえば「あなたに何を与えようか。願え。」(歴代誌第二1:7)との神の御声を聞き、彼は富でも財でも名誉でもないものを願った。それは、王として民を正しく導くための知恵と知識であり、これを神様は御心にかなう願いとして、受け入れられたのだった。すごいと思う。


 今日開いている27編は、そのソロモンの父ダビデによる賛歌だ。状況的にはその歌から緊迫さを伺い知る。しかし同時に、その状況に打ちのめされない確信というのか、気迫をも伝わってくるから不思議だ。

たとえ 私に対して陣営が張られても 私の心は恐れない。

 たとえ 私に対して戦いが起こっても それにも私は動じない。3節


 普通であれば、状況がぐらつけば、私自身もぐらつくものだと思う。私という存在はすぐに状況に呑み込まれて支配されてしまう。だから、もし3節にあるような、私に対して陣営が張られたり、戦いが起こったりなんかしたら、慌てふためいて、早くこの状況をどうにかしてほしい、ということばかり考えるだろう。


 しかし、この信仰者は違う。この状況を見ないようにしているだけなのか、気にしていないだけなのか、この状況を超えた存在へと必死に目を注ぎ続ける。


 4節のことばに注目したい。

一つのことを私は願った。それを私は求めている。

 私のいのちの日の限り 主の家に住むことを。

 主の麗しさに目を注ぎ その宮で思いを巡らすために。


 彼にとってのOne thing、ただ一つの願いは、状況云々ではなく「主の家」という主の臨在に憩うことだった。彼は、身体的にも心的にも一番の安全な場所を知っていた。揺れる状況、揺れる自分を、全く微動だにしない揺れないお方、神の臨在に置きたくて、そのOne thingを願い求めたのだ。

 これこそ、私たちに与えられている信仰そのものが働きかけてくれる力だと思う。


 良い状況でも悪い状況でも、変わらない主の麗しさに目を注ぎ、その臨在の中で思いに耽ることのできるその時間。日ごとのディボーションもそうだ。この時ばかり麗しい主にある臨在が、私を取り巻く状況から解放してくれる。そして、力を与えてくれる。励ましや慰めを与えてくれる。


 私も、このOne thingを一生、願い求めていきたい。


閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱