2021年9月26日 ディボーション

詩篇第一巻 25章


 25章で私の心をとらえた聖句は、

 7節の最初の二行目の

私の若いころの罪や背きを 思い起こさないでください。」というところである。


この聖句に関連することがイザヤ書43章25節で語られている。

わたし、このわたしは、わたし自身のために あなたの背きの罪をぬぐい去り、もうあなたの罪を思い出さない。」 イザヤ書 43:25


 私が、洗礼を受ける決心をした時に触れられたみことばである。私の罪をぬぐいさってくださるばかりでなく、私の罪をも思い出さない。何という神様の愛でしょうか。このみことばは、私にとても強い衝撃で私の心をとらえた。主の慈しみ深い大きな愛に触れられた瞬間だった。イエス様の十字架に触れさせてもらった気持ちで迷わずに洗礼にあずからせていただけたのが、まるで昨日のように思い起こされた。主の憐れみに満ちた愛に心から感謝せずにはおられない。その心は今もこれからもずっと変わることなく、私の心の中で永遠に生き続けている。


主よ あなたの道を私に知らせ あなたの進む道を私に教えて下さい。」 4節

あなたの真理に私を導き 教えてください。あなたこそ 私の救いの神

 私は あなたを一日中待ち望みます。」 5節


 ダビデは、どんな時でも自分の進む道を主に問い、主に教えられて歩んできた。そのことを通して神のみこころを学ぶことができたのである。いつも敵におわれ安住の地で眠ることも思うようにできなかった時にも、ダビデは、主こそ救いの神であると信頼していたから、主が真理に導いてくださると確信していたから、忍耐をもって主を一日中待ち望むことができたのである。主のみこころを知るということは、自分がどうしたいかということを神の前に明け渡すことではないだろうか。


主を恐れる人は だれか。 主はその人に選ぶべき道をお教えになる。」 12節

主は ご自分を恐れる者と親しく交わり その契約を彼らにお知らせになる。」14節


 神様は、絶えず「主を恐れる者」に目を留められる。つまり、素直に神以外に助けはないと神に寄りすがっていく人には正しい道をお教えになられ、又、その人と神の契約に立つことができるということである。主を恐れて、忍耐をもって祈り、主を仰ぎ見る者になって、主の救いを受けることができるように歩んでいくことができるようになりたい。


 祈り

愛する天の父なる神様。あなたの私達への慈しみ深い愛に心から感謝します。

そして、きょうは25編からたくさんのみことばにふれさせていただきありがとうございます。

神を恐れて、神を見上げていくことができますように教え、導いてください。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン

閲覧数:30回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱