2021年9月24日 ディボーション

詩篇第一巻 23篇


『主は私の羊飼い』 


 大自然と動物に囲まれて暮らすのが夢だった私が19歳の時に、人生初の海外旅行先に選んだ場所はオーストラリアの牧場。小学校時代の恩師が家族で移住して羊ファームを営んでおり、そこに6週間ホームステイする機会を与えていただいた。

 どこまで行っても終わりが見えないほど広大な地に放牧されている1000頭もの羊が、のんびりと草を食む微笑ましい光景に、癒されっぱなしの毎日を過ごした。

 トラクターに乗って干し草の準備をしたり、毛刈りを手伝ったり、羊の出産シーンに立ち会ったり、楽しくてワクワクする貴重な体験をした。


 ちょっとの音にも敏感に反応する羊たち。1匹が向こう側へ逃げていくと、他の羊たちも皆ゾロゾロついて行ってしまう。怖がりで臆病、パニックになりやすいので事故も起こりやすく、お世話をするのは本当に大変。

 おもしろかったのは、仰向けになって手足をバタつかせている羊を起こしてあげる作業だった。

 羊は、体重が重いわりに手足が細く、バランスを崩しやすい。転んだ拍子に仰向けになると、自力で起き上がれないのだ。長時間そのままの姿勢だと、窒息して死に至ることもあるので、仰向けに倒れてもがいている羊を見つけたら、体を押してゴロンと転がし、元の体勢に戻してやらなければならない。

 起き上がった時、”あぁ〜助かったぁ〜”と安堵の表情を見せる羊もいれば、”しまった、恥ずかしい姿を見られちゃった‥‥” と逃げるように去っていく子もいた。


 羊も人間も、似ているなと思う。頼りなくて弱い。

 私たち人間は「人」の「間」で生かされている。ひとりぼっちでは生きられない。羊も同じ。群れから引き離されると強いストレスを受け、病気になってしまう。


 人任せにして、流されるままに危険な方向へ進んでしまったり、転倒して自分で立ち上がれなかったり、私たちはまさに迷える羊。そんな羊たちを、羊飼いであるイエス様がしっかり守り、安全な場所へと導いてくださる。


主は私のたましいを生き返らせ 

御名のゆえに 私を義の道に導かれます。 (3節)


 「羊」という字が組み込まれている漢字のひとつに、「養」がある。

 「養う」の意味は、国語辞典によると次のとおり。

*栄養を摂って養生する*鍛錬して少しずつ作り上げる*人や動物を育てる*幼児や病人の世話をする*楽しませる。

 神様は私たちに、必要な栄養を与え、いたわり、忍耐力をつけ、成長させ、喜びを与えてくださる。


 私たちの「羊飼い」は、「迷える羊」のために十字架にかかり命を捨ててくださった。どこへ向かっていけばよいか分からなくなるとき、この23篇を声に出して読んでみようと思う。


祈り:

 主よ、あなたは私の羊飼いです。転んだときには手伝っていただかないと起き上がれない手のかかる羊ではありますが、イエス様にお世話される私は、ラッキーで幸せな羊です。感謝します。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。アーメン。

閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱