2021年9月22日 ディボーション

詩篇第一巻 21篇


王は、主に信頼しているので いと高き方の恵みにあって揺るぎません。」(7節)


 数年前に日本で家を探していた。住み慣れない場所だったので、昔からその土地に暮らす人に助言を求めた。その土地の歴史などを含めて、どの場所に住めば良いか教えていただいた。平城京ができる前からその土地の豪族たちが暮らしていたとされる場所の物件に導かれた。そんな時に台風が到来。街の山側に居を構えた私たちは難を逃れた。見た目や利便性だけを優先して、新しく開発されたオシャレな高層マンション地区を選ばなくて良かったとその時に気付かされた。なぜなら、その地域は台風による大雨で町中が川のようになってしまったからだ。どの地盤を選ぶかにより将来は変わってくる。


 王が即位されたときにダビデが歌ったこの歌には、主なる神様に対する切なる思いが込められている。周りの人々にふりまわされるのではなく、主と言う硬い地盤に根を下ろすダビデの覚悟が見える。それはどんな時も神に聴き従う事。


主に信頼する人々はシオンの山のようだ。揺るぐことなく とこしえにながらえる。

詩篇125:1


主が私の右におられるので 私は揺るがされることがありません。」(詩篇16:8)


 揺るがぬ地盤のもとで私たちは神様の力を得ることができる。

 携帯電話の充電ステーションのようなものだ。しかし間違ったコードに繋いだら充電はできない。私たちは主の御言葉に繋がり、御言葉を通して神様と会話し、聖霊様を通して癒しをいただく。


 たとえ困難の中にあっても、信仰によって主の光の子とされた私たち。日々の生活でイエス様がなんとおしゃっているのか? 父なる神ならどうするのか、正しい充電ステーションとコードを選びとって繋がらなければいけない事を示された。

 そのためには3食の食事のように朝から晩まで主の充電ステーションにつながっていたい。それだけが唯一、私たちが霊的に満たされ、成長できる方法だから。そして日々鍛えられた私たちの心は、いつしか揺るがぬ主に繋がる地盤へと形成されていく。


天の父なる神様。

主の御言葉に聞き従い、主から力を、教えを、導きを得ることが私の喜びとなるように、どうぞ聖霊様が導いてください。あなたのご計画の中にある困難に、あなたが私を霊的成長、成熟の為にトレーニングしてくださっている事を示されました。ありがとうございます。これからも全てをお造りになられた主を私の地盤として歩んでいきたいです。ですからどうぞ今日も私の心に語りかけてください。僕は聞いております。貴方の愛に感謝して、主・イエスキリストの御前にお捧げいたします。アーメン。




閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱