2021年9月21日 ディボーション

詩篇第一巻 20篇


『勝利は主の御名に』


 この賛歌は9節に「主よ 王をお救いください。私たちが呼ぶときに答えてください。」とあるように、多くの学者たちから、王のための祈りの詩であると言われている。


 それもそのはず、王によって、その国とその国民も安泰であるかないかが決まる。それゆえに祈る。主にあって立てられた、王のために。


私たちは あなたの勝利を喜び歌い 私たちの神の御名により 旗を高く掲げます。」5節


 この20篇を通して、祈りの奥義を知る。前半は「…なりますように。」「…くださいますように。」と願い求めが続くのだが、この祈りは後半6節から「今 私は知る。」との確信へと変わるのだ。その祈りの確信が7〜8節だ。


主が 主に油注がれた者を救ってくださることを。右の御手の救いの御力をもって 聖なる天から その者に答えてくださることを。

ある馬は戦車を ある者は馬を求める。しかし私たちは 私たちの神 主の御名を呼び求める。彼らは膝をつき 倒れた。しかし私たちは まっすぐに立ち上がった。」7〜8節


ハレルヤ!主よ。

この祈りにある勝利の確信を、私たちにもお与えください。

そして、私たちも主の御名にすがり、まっすぐに立ち上がらせていただく者とさせてください。勝利は主よ、あなたの御名にあります。あなたの御名を呼び求めます。力ある主イエス様の御名によって、お祈りします。アーメン。

閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱