2021年9月19日 ディボーション

詩篇第一巻 18章


「主はわが巌 わが砦 わが救い主 

身を避けるわが岩 わが神。

わが盾 わが救いの角 わがやぐら。」2節

「ほめたたえられる方。この主を呼び求めると

 私は敵から救われる。」3節


 詩篇18章はダビデがサウル王の手から救い出された日に主に歌った喜びの賛美である。ダビデの喜びは大変なものだったでしょう。1節 「彼は言った。わが力なる主よ。私はあなたを慕います。」この「慕います」ということばは熱烈な愛を表す語らしい。ダビデはここで神に熱烈な愛の語りをしているのだ。同じ賛美が第二サムエル記22章にも書かれている。


 詩篇18章を読むと必ず口ずさみたくなる賛美がある。


 「わが神、わが主」


  あなたはわが盾 わが歌 わが砦


  平和の君 力からの神 永久の父


  わが神 わが主よ  わが神 わが主よ


 詩篇18章でダビデは、これまでの多くの苦難、神の救いを連想している。苦難の中にいても主に信頼して、主の御名を呼び求める。主は御名を呼び求めるものの声をすべて聞かれる。

そして、主が守ってくださる。このようにしてダビデの信仰は強められていった。苦難と神の救いの経験によってダビデの神への信頼感は見失うことがなかった。


  私のクリスチャンの友人達の伴侶の一人一人が困難の中にいることを知ってとてもショックだった。さぞかし大変だろうと思ったら、彼等は神への強い信頼感をしっかりともっていた。「なにも恐れない。イエス様にすべてをお委ねしているから平安がある。私達の故郷は天にあるのでそこにいくことが約束されている。」久しぶりに聞くことばだった。これこそ神に信頼する姿だと思わされた。


祈り

 愛する天の父なる神様。

あなたの御名を心からほめたたえます。あなたは、御名を呼び求めるものの声をすべてきかれるお方です。私が困難の中にいる時にあなたの御名を呼び求めることができますように、又、あなたへの信頼を見失うことがありませんように助けてください。

感謝して主イエスキリストの御名によってお祈りします。アーメン


閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱