2021年9月18日 ディボーション

詩篇第一巻 17篇


『正しい訴え=信仰告白』


主よ 聞いてください 正しい訴えを」と、始まる17篇。

 この出だしの理解で、大きな間違いをするところだった。

”正しい訴え”を、“ 私は正しい者として訴えをします” とか、”私の訴えは正しいです” と解釈すると、17篇の祈りは、自分を正当化するだけの祈りになってしまう。違うな、そんなの詩篇に採用されるはずないし‥‥。


”正しい” には欄外に注釈があり、詩9:4に飛んでみる。

あなたが私の正しい訴えを聞かれるからです。義の審判者として王座についておられるからです。

 詩人は神さまを崇めている。この詩九4の” 訴え” にも注釈があり、詩140:12にまた飛んでみる。

私は知っています。主が苦しむ者の訴えを支持し 貧しい者のために さばきを行われることを。

 詩人は神さまと深く交わっている。言葉を変えながら、神さまへの信頼を語っている。


わたしはあなたの名を呼んだ。あなたは、わたしのもの。」(イザヤ43:1)

 神さまの召し、恵みに応えて、神さまとの関係が ” 正しい ”、両者の関係性の正しさを指していたのだ。

 ということは、「主よ 聞いてください 正しい訴えを」は、「主よ聞いてください 私の信仰告白を」という意味ではないか。正しい訴え=信仰告白!? 神さまの真実の正しさに守られて、私は主をとことん求めます、という呼びかけ。


 神さま、それにしても詩人の祈りは凄いです。誠心誠意、神さまに迫り、訴え、大胆に求めています。夜を徹して祈ってもいるようです。

瞳のように私を守り」(8節)、これは単なるレトリックではないと受け取ります。繊細で傷つきやすい眼を、わずかな異物にも反応する眼を、瞬間的にまぶたが閉じて守る。涙腺からわずかに涙を出して、いつも乾燥から眼を守ってくれる。そんな瞳のように絶妙に、この上なく周到に守ってくださる神さま。その恵みを、身体感覚としてビシビシ感じて賛美する詩人。


 神さま、私の祈りは生ぬるいです。でも、詩篇に耳を傾けているとお祈りをしたいなあと思う時が増えます。感謝です。迷って聞く祈り、賛美する祈り、呼び求める祈り‥‥正直で大胆な祈りがもっとできますよう導いてください。

 イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン

閲覧数:38回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱