2021年9月16日 ディボーション

詩篇第一巻 15篇


「Entering God’s Presence」


 ダビデのもう一つの詩篇である詩篇15篇には、イスラエル人が主の臨在に入るための条件が記されています。この条件は、主にその人の性格に焦点を当てています。

 主の臨在に入る前に、その人は以下のことをする必要があると記されているのです。


  1. 誰にも非難されない正直な生活をすること

  2. 常に正しいことをすること

  3. 心から真実を語ること

  4. 嘘をつかないこと

  5. 隣人に悪いことをしないこと

  6. 友人に悪いことをしないこと

  7. 悪を憎まなければならないこと

  8. 主を恐れる人々を尊敬すること

  9. 主のように生きること

  10. 無利子でお金を貸すこと

  11. 賄賂を受け取らないこと。


 律法主義的な人は、これを単なる11の要件と見なすでしょうが、この言葉を真に心に留めている人は、この節が単なる規則ではなく、その人の性格に関係していることを理解するでしょう。これは11の具体的なルールではありません。

 これは、主のように歩む人が持つ11の例です。主のように生きていれば、これらの罪を避けることは自然なことでしょう。これらの具体的な応答として、主イエス様は、私たちに最高の戒めを残してくださいました。それは愛です。愛は、これらの戒めと愛の必要条件すべてをカバーします。ということは、イエス様が仰せられた通りにい、私たちがまず神を愛し、次に隣人を神のような愛で愛することによって、私たちは詩篇15篇にある11の条件を満たすことができるということです。


 しかし、これらの真理をどのように適用することができるでしょうか?多くのクリスチャンは、聖餐式や礼拝の前に自分の罪を告白して、主の御前で聖徒としての自分を保っているかもしれません。しかし、なぜ、そのようなことをするのでしょうか?日曜日に罪を告白することがあるのは、週の他の6日間における罪が示されるからです。これはなぜでしょうか?

 ダビデ王がこの詩を書いた時代には、神様を礼拝するためにはエルサレムの神殿に行かなければなりませんでした。しかし、イエス様は「この山でもなく、エルサレムでもないところで、あなたがたが父を礼拝する時が来ます。」と教えてくださいました。‥‥神は霊ですから、神を礼拝する人は、御霊と真理によって礼拝しなければなりません。」(ヨハネ4:21-24)と。私たちクリスチャンのうちには、生ける神の霊が住んでいるのです。ですから、私たちの体は神の神殿です。そのように、クリスチャンは常に生ける神の臨在の中にいるのです。

 そのような意識を持って、私たちは常に神と正しい関係になるように努力する必要があります。私たちが家で一人でいるときも、礼拝堂でも神様は私たちと一緒にいてくださいます。神様はいつも私たちと共にいます。ですから、私たちの中に住んでいる聖霊を忘れずに、罪から離れた人生を送るようにしましょう。もし、どうしても罪を犯してしまったときには、神さまに罪を告白し、赦しを求めましょう。神が御子イエスを遣わされた、その完全な血潮によって私たちの罪が赦されていることを感謝します。

 最終的に、神の御前で私たちを罪のない者にすることができるのは、イエス様の血潮だけです。これを人間の努力で成し遂げることができないのです。100%人であり、100%神であるイエス様だから、私たちのために成し得た業なのです。


神様、

あなたのことばを感謝します。あなたの臨在にとどまるために必要なことを教えてくださり、感謝します。また、必要なことだけでなく、あなたの臨在にとどまるために何がなされたのか、その真実を教えてくださり、感謝します。

それは、父よ、あなたの御子イエス・キリストの血潮でした。

天のお父様、私たちの罪の罰を払うために、御子イエスを私たちに遣わしてくださって、感謝します。

また、私たちのうちに住み、私たちをあなたに似た者へと変えてくださる聖霊様に感謝します。天のお父様、感謝します。In Jesus Name I Pray, Amen.


(Original)

Entering God’s Presence

 

Psalm 15, another Psalm of David, explains the requirements for Israelites in regards to entering into the presence of the Lord. These 11 requirements focuses primarily on a person’s character. Before entering into the presence of the Lord, a person needs to: 1) Lead an honest life where no one can accuse him of doing wrong, 2) Always do the right thing, 3) Speak the truth from his heart, 4) Do not lie, 5) Does not do evil to neighbors, 6) Do not do evil to friends, 7) Must hate evil, 8) Honors people who fear the Lord, 9) Promises to not change from this godly character, 10) Lends money without interest, 11) Does not take bribes. Although a legalistic person would see this as just 11 requirements to follow, a person who truly takes these words to heart will see that these verses has more to do with one’s character instead of just simple rules. These are not eleven specific rules. These are 11 examples that a person with godly character will have. With godly character, avoiding these sins will come naturally. Our Lord Jesus, however, offers the best application. Just as love covered most of the 10 commandments, love covers these requirements also. By loving first God, and then our neighbors with a godly love, we will fulfill these 11 requirements of Psalm 15.

 

How do we apply these truths? Many Christians confess their sins to make themselves right before the Lord prior to Communion or Worship. But why do we do this? We often confess our sins on Sunday because we sinned during the other six days of the week. Why is this significant? In the days that King David wrote this Psalm, worshippers of God had to go to the temple in Jerusalem to worship God. Jesus, however, taught us that “. . . the hour is coming when neither on this mountain nor in Jerusalem will you worship the Father. . . . God is spirit, and those who worship him must worship in Spirit and truth” (John 4:21-24). We, Christians have the Spirit of the living God, living in us. All of our bodies serve as God’s temple. Christians are therefore always in the presence of the living God. With this awareness, we need to always be striving to be right with God. God is no more with us in the sanctuary as he is any less when we are alone at home. God is always fully with us. Let us not forget the Holy Spirit that we all have living in us and strive to live blameless lives. When we do inevitably sin, let us also confess our sins to God and ask for his forgiveness. We also thank God for sending his Son Jesus to pay the penalty for our sins through His perfect blood. Ultimately, it is only the blood of Jesus that can make us blameless in the presence of God. No human effort can accomplish what Jesus, 100% man and 100% God, did for us. 

 

Thank you God for Your word! Thank you for teaching us what you require for us to remain in your presence. Thank you for not only teaching us what you require but also the means of achieving it. That requirement, Father, is the blood of your Son Jesus Christ. Thank you Father for sending us your Son Jesus to pay the penalty for our sins. Thank you Father for your Holy Spirit who not only lives within us, but also works in transforming us to be more and more like you. Thank you Father! In Jesus Name I Pray, Amen.

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

マルコの福音書 7章 『外から入って、人を汚すことのできるものは何もありません。』 6章から8章にかけて、イエスさまの有名なパンの御わざが2回出てくる。1回目は男だけで5000人もの人にパンと魚を分け与え、2回目は4000人の人をパンと小魚で満腹にしたという物語だ。聖餐式の原型なのだろうか、神さまの惜しみない恵みを目の当たりにして、にわかに信じられず、右往左往しながらフリーズしてしまう弟子たち。さ

詩篇第五巻 150篇 『十字架は賛美の力の源泉』 とうとうグランド・フィナーレである。角笛と琴と竪琴と、タンバリンとシンバルのあらゆる楽器のフルオーケストラで、ハレル・ヤハ=神をほめたたえよ、と高らかな賛美をいざなう。 大げさな表現は微塵もないのに、ことばの一字一句が気高く揺るぎない。それは神さまが絶対だから。聖書のみことばには霊的な力があることを、ビシビシ教えてくれる詩篇だ。 「御力の大空で 神

詩篇第五巻 149篇 私の夫の両親は、娘と息子たちが幼い頃に描いたパパとママの似顔絵や、想い出の写真の数々を額装し、部屋中に飾っていた。 夫が6歳の時に初めて作った小さな折り鶴は、リビングルームのガラス戸棚の中にちゃんと居場所を与えられ、誇らしげに微笑み、喜んでいるように見えた。 色褪せたそれら一つ一つを見つめる両親の目は、とても優しかった。 その中に、私たち夫婦の写真が加わったのを見た時、胸が熱