2021年8月9日 ディボーション

マタイの福音書5章


『世の光になる』


 この章は有名な山上の垂訓の章である。この時、時代はまだ旧約の時代、人々はモーセの律法の下に暮らしていた。しかし人々が本当に従っていたのは、モーセの律法ではなく、モーセの律法を破ることのないようにと、律法学者たちによって作られた口伝律法(ミシュナ)である。

 イエスは弟子たちに、「わたしはあなたがたに言います。あなたがたの義が、律法学者やパリサイ人の義にまさっていなければ、あなたがたは決して天の御国に入れません。」(20)と言われ、21章からは「〜と言われていたのを、あなたがたは聞いています。」と口伝律法を否定し、「しかし、わたしはあなたがたに言います。」とモーセの律法を正しく教えられた。

 時代は、イエスの十字架によって変わろうとしていた。人々は、モーセの律法に従うことによって義とされるのではなく、イエスを救い主として受け入れることによって義とされるようになる。そして、イエスはそのように信じる者たちを「幸いな者」と呼ばれた。そして、「世の光」としての役割を与えられた。


あなたがたは世の光です。山の上にある町は隠れることができません。また、明かりをともして升の下に置いたりはしません。燭台の上に置きます。そうすれば、家にいるすべての人を照らします。このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせなさい。人々があなたがたの良い所を見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようになるためです。」(14〜16)


 イエスは、イエスを信じたすべての人に「あなたがたは世の光です」と宣言された。そしてその光を、「人々が、あなたがたの良い所を見て、父なる神をあがめるようになるために輝かせなさい。」と命じられる。光とされた者はもう隠れることはできない。イエスの再臨は近く、神さまは働き人を探しておられる。神さまの召しにいつでも応答できるよう、準備をしようではないか。


祈り:

 神さまの働き人として、私を整えてください。私を世の光として用いてください。

天の父なる神さま、私はここにおります。主イエス・キリストの御名によって祈ります。アーメン。

閲覧数:22回

最新記事

すべて表示

マタイの福音書 28章 「見よ。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたとともにいます。」(20節) イエス様がお生まれになってから2021年。極東アジアと言われる日本にもイエス様の教えがとどき、たとえ”1%しかイエス様の教えを信じるものがいない日本”と言われていても私には沢山の望みがある。 同じように1%に満たないクリスチャンしかいない国がある。アフガニスタン・イスラム共和国。2001年、厳格な

マタイの福音書27章 「ピラトは、彼らがねたみからイエスを引き渡したことを知っていたのである。」18節 私は以前、子どもたちのサンデースクールのために、メッセージの準備をしていた。イエス様の十字架からというテーマで、ちょうどその日、私はこのマタイ福音書を開いていた。そして、この27章18節、上記のみことばが衝撃とともに、私の目に留まった。 イエス様が十字架に引き渡されたのは、人々の「ねたみ」ゆえだ

マタイの福音書26章 『罪から離れてイエスのもとに帰る』 26章はイエスが十字架にかかる前日、つまり木曜日の模様が細かに描かれている。最後の晩餐となる過越の食事は、木曜日の日没に持たれた。この晩餐の箇所から、聖餐式を行う目的とその理由を学ぶことができる。聖餐式の目的は、十字架に捧げられたイエスのいのち(パン)、死(ぶどう酒)、そして復活による臨在(式そのもの)を思い出し、記念するためであり、聖餐式